要注意。部下が同僚を「あの人」呼ばわりしたら組織は腐っている

shutterstock_469491665
 

スタッフや同僚、上司などのことを「あの人」と呼ぶ人…あなたの周りにはいませんか? 無料メルマガ『販売力向上講座メールマガジン』の著者・坂本りゅういちさんが指摘するのは、「あの人呼び」が示す暗いサインについて。職場で耳にしてしまったら、ちょっと気にかける必要がありそうです。

呼び方と関係性

先日、組織風土改革のプロとお会いしたときに、ボソッと興味深いお話をされていました。

「呼称が、『あの人』みたいに、『あの』とか『この』が付いているとやばいんですよね」

誰かが誰かの話をしているときに、名前で呼んだりするのではなく、「あの人」「この人」と呼んでいると危険な状態だと言うのです。そういった呼び方になっているときは、すでに信頼関係が失われている可能性がとても高いのだとか。

この話には、私も思いっきり納得してしまいました。確かに、誰かの話をしているとき、私も「あの人」みたいな言い方をしているときが過去にあった気がします。でも、その話をしている人は、やはりあまり信頼ができていなかったり、何か問題を抱えているときでした。

お店や会社で、スタッフ同士、話をする機会はたくさんあります。そんな中で、その場にいない第三者の話が出たときには(特にマネージャーは)注意が必要です。

例えば、目の前で話をしているスタッフが、「先日、〇〇さんが何か言ってたんですけど、あの人…」みたいな呼び方をしていたら。もしかすると、その間の信頼関係はすでに崩れかかっているのかもしれません。それに気づかずに、放置していると信頼関係はどんどん失われていきます

印刷する

人気のオススメ記事

  • 要注意。部下が同僚を「あの人」呼ばわりしたら組織は腐っている
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい