北朝鮮有事で、自衛隊が最前線に送られる「日米指揮権密約」の内容

takashiro20170902
 

9月3日午後の北朝鮮の水爆実験により、再び緊張度を増した朝鮮半島情勢。一部では武力衝突の可能性も囁かれていますが、第二次朝鮮戦争が勃発した場合、日本、そして東アジアはどのような状況に陥ってしまうのでしょうか。「2015年に可決した安保関連法は、朝鮮半島有事を前提にした法案」と言い切る高城剛さんは自身のメルマガ『高城未来研究所「Future Report」』で、国内外で起こりうる様々な事態を大胆に予測しています。

自衛隊は前線へ。朝鮮半島有事で起こりうる「想定外」

今週は、多くの方々からご質問を頂戴しております、もし、朝鮮半島で戦争が起きたらどのようなことが予測されるのかにつきまして、私見たっぷりにお話ししたいと思います。

本メールマガジンでも何度もお話ししておりますように、一昨年可決した安保関連法は朝鮮半島有事を前提にした法案です。ここで改めて、前回の朝鮮戦争を振り返ってみましょう。

1948年に成立したばかりの朝鮮民族の分断国家である大韓民国(韓国)と朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)は、1950年6月に北朝鮮が国境線と化していた38度線を越えて韓国に侵攻したことによって朝鮮戦争が勃発しました。

この戦争は、朝鮮民主主義人民共和国と大韓民国のみならず、東西冷戦の文脈の中で西側自由主義陣営諸国を中心とした国連軍(事実上、米軍)と、1949年に建国された成立間もない中華人民共和国が交戦勢力として参戦し、3年間に及ぶ戦争は朝鮮半島全土を戦場と化した後に荒廃させました。

1953年7月に国連軍と中朝連合軍は朝鮮戦争休戦協定に署名し休戦に至りましが、北緯38度線付近の休戦時の前線が軍事境界線として認識され、朝鮮半島は北部の朝鮮民主主義人民共和国と南部の大韓民国の南北二国に分断されました。これは終戦ではなく休戦状態であるため、現在も戦時中となります。

この朝鮮戦争以降今日まで、日本の主要米軍基地(横田、横須賀、厚木、佐世保、嘉手納、三沢等)は、半島有事のための前線基地として存在します。いまも巨大基地が日本にある大きな理由は、米軍の朝鮮半島侵攻時の失敗と中国へのトラウマにあります。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 北朝鮮有事で、自衛隊が最前線に送られる「日米指揮権密約」の内容
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい