締め切りがないことを最優先にすると行動力はグングン上がる

shutterstock_229283551
 

林修先生のあの言葉、やっぱり正しいようです。メルマガ『★セクシー心理学GOLD ~最先端の心理学技術★』の著者で精神科医のゆうきゆう先生が今回伝授してくださるのは、行動力がグングン上がる方法。「どうせいつかやるのなら、今やる」と考えることが大事だと説いています。

どうせ、いつかやるのなら。

あなたには、どうしてもやりたいことがありますでしょうか? こんなときに役立つ、1つの考え方を示します。

集中する方が、成果は上がる。

実は心理学的に「たった1つのこと」に集中し、それを実行する、ということを積み重ねた方が、最終的に大きなことを達成できるとされています。

いわゆる「色々なものごとを並行して行う」というのは、一見するとスゴいことのように思えるのですが、それよりは「一点集中」で片づけた方が、成果はどんどん上がっていくのです。

そのため大切なことは「今やるべきこと」を、1個だけ定めて、それを行うことなのです。

もちろんですが、そのための時間は、そこまで長くなくても構いません。たとえば10分とか15分とかで大丈夫です。そしてそれが飽きたら、そのときは「次」のことをしても大丈夫です。大切なことは、短いあいだは「これだけ」に集中することです。

シメキリがあることは、優先するな。

では、その「やるべきこと」はどうやって決めるか?

よく「優先順位をつけろ!」と言いますが、実際に物事に優先順位を決めるというのは、非常に難しいことです。考えているあいだに「何が一番大切か」ということが分からなくなってしまうことも多いものです。

ここで自分が教えるのは、こんな考え方です。

まず「緊急的なもの」や「どうしてもやるべきこと」というのは、ハズして大丈夫です。極端な話、そういうことは何も考えたりせずとも、必然的に自然にやるものだからです。

たとえば「トイレに行く」とか「食事をする」とか「歯みがきをする」とか。もしくは「本当にシメキリが決まっている仕事」とか。このあたりは、優先順位として組み込まなくても、気づいたら行動にしているもののはずです。

もちろんですが、シメキリを守れない方とか、目の前にリアルにシメキリが近づいて来ている人とかは別ですよ? そういう場合は、もちろんそれを最優先にしてください。ただ現在「漠然と、これから何をしようか考えている」というときに、わざわざそれを優先的にやらなくてもいい、という話です。

時間があるときにも、そういう仕事を先にしたとして…。

その場合、無意識に「でもまだシメキリは先だしなぁ…」と考えてしまいます。そしてその結果、シメキリのギリギリまで、ダラダラと実行することになる危険性もあります。

するとシメキリ前も、やっぱり変わらずその仕事をしていて、結果的にすべての時間が、その仕事によって占められてしまう…ということだってあるはずです。ですので「時間がまだある」とか「精神的に余裕がある」というときに、わざわざそういう仕事を先にしようとしないことです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 締め切りがないことを最優先にすると行動力はグングン上がる
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい