ダイエー消えてもドムドムは不滅。6年ぶり新規出店で復活目指す

tempo20180120
 

日本生まれで国内初のバーガーチェーンとして知られる「ドムドムハンバーガー」が昨年12月8日、ロゴも制服も一新し再出発のための一歩を踏み出しました。さらに6年ぶりとなる新規店舗も開店、競争が激化するハンバーガー業界で同社はかつての輝きを取り戻せるのでしょうか。無料メルマガ『店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業』の著者・佐藤昌司さんがドムドムハンバーガーの今後を占います。

「ドムドム」が復活。マクドナルドに勝つために必要なこととは

象のブランドロゴでおなじみのハンバーガーチェーン「ドムドムハンバーガー」が新しく生まれ変わり、復活を遂げるべく出店を強めていくようです。

ホテル事業や再生事業を手掛けるレンブラントホールディングスは12月8日、ダイエー傘下のオレンジフードコートから昨年7月にドムドムハンバーガー事業を承継してから初の新規出店店舗となる「ドムドムバーガー厚木店」(神奈川県厚木市)をオープンしました。ドムドムハンバーガーから新規店舗がオープンするのは約6年ぶりのことです。15日には「ラフレ初生店」(静岡県浜松市)もオープンしています。

「ドムドム」と聞いて懐かしく思う人も少なくないのではないでしょうか。1号店を東京都町田市に出店したのが1970年で、マクドナルド(71年)やモスバーガー(72年)よりも早く日本で展開を始めた国内初のハンバーガーチェーンとされていますが、近年はドムドムバーガーの名前を聞くことはめっきり少なくなっていました。

スクリーンショット 2018-01-22 1.08.58

かつて、ドムドムハンバーガー第1号店が入っていた、ダイエー町田店(開店当時の名称は、ダイエー原町田店)。ドムドムはここから始まった。Googleストリートビューより

かつてはダイエー系列のスーパーを中心に出店を重ね、最盛期の90年代には全国で約400店を展開することもありましたが、2004年にダイエーが経営不振に陥ったこともありその後は縮小を余儀なくされ、事業の承継が発表された昨年5月19日時点では43店にまで減りました。現在はさらに減って35店になっています。

ちなみにドムドムハンバーガーの名前の由来ですが、当初、親会社のダイエーの企業理念「良い品をどんどん安く」から「ドンドン」にする予定でしたが、すでに商標登録されていたため、NをMに変えて「ドムドム」にしたといいます。ブランドロゴは、優しくて力持ちで子供が親しみやすいということで象を採用しました。

1d1dc531e56430e2a6b4e2a76b35e607

新ロゴは、以前からの「象」を継承し「D」を強調。より親しみやすいデザインに変更された

こういった経緯がある中で、新たな運営会社のドムドムフードサービスはドムドムの再スタートを切ることになったのですが、まずはイメージを刷新するために新たにブランドロゴ象は継承と制服を考案し、昨年9月に発表しました。また、ツイッターなどSNSを新たに開設し情報発信を開始したり、メニューの刷新も行なっています。そして前述した通り、新店を2店オープンするに至ったのです。

SNS開設記念として開催された「第一回復活メニュー決定戦」では、エントリーされた9商品の中から2014年に販売されていた「ドムミートバーガー」が1位に選出された

SNS開設記念として開催された「第一回復活メニュー決定戦」では、エントリーされた9商品の中から2014年に販売されていた「ドムミートバーガー」が1位に選出された

こうしてドムドムは新たな戦いの号砲を鳴らしたわけですが、ハンバーガー業界の競争は激しさを増しており、かなり厳しい前途が待っているといえるでしょう。

印刷する

人気のオススメ記事

  • ダイエー消えてもドムドムは不滅。6年ぶり新規出店で復活目指す
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい