立食いそば屋のおばちゃんから「プロ意識」を感じる納得の理由

shutterstock_609237437
 

ゴルフや野球の話ではありませんが、あなたは「アマ」と「プロ」の違いはどこにあると思いますか? 実は、アマとプロの違いにはちゃんと定義があるんです。無料メルマガ『音多秀茂の【富と成功の5つのタネ】』の著者・音多さんが、立ち食いそば屋のベテランおばちゃんとバイトのお姉さんとの違いを例に、その違いの定義づけをわかりやすく解説しています。

プロとアマ

今日のテーマはプロとアマの違いについて。

あなたがプロフェッショナルを目指す過程にいるならば、役職や職位、富や名声は自然と拡大して行きます。

あなたは仕事に対して「自分はプロだ」と胸を張って言えるでしょうか? まずは最近プロとアマの違いを感じたあるエピソードからお話しします。

つい先日、私は出張時によく立ち寄る駅の立ち食いそば屋さんで昼食を取りました。私は何故かそのお店が結構好きで、仕事じゃなくても休みの日にわざわざ出かけて行って朝食を取ったりもします(笑)。

で、いつものように券売機で「かき揚そば」を選んで、お店の人に渡したんですが、その日のバイトのおねーちゃんの対応があまりにマニュアル化していて変な違和感があったんですね。

例えば目の前に私がいるのに、ただ棒読みでマニュアルを読み上げるんです。そばを渡す時など客は目の前に私一人しかいないのに、あさっての方向に「かき揚そばお待ちの方~」と呼んでいました。思わず「いや、ここにいるでしょ、私」と言いそうになりましたよ(笑)。

で、いつもはどうだったっけ? と思い出してみると、普段はおばちゃんが笑顔で自然な対応をしてくれていた事を思い出しました。

私はその店の蕎麦がいつも安定品質で食べられるから行くわけですが、実はその品質の中にはお店のおばちゃんの自然な対応も含まれていた、という事ですね。これが「バイトのおねーちゃん」に変わった事で、なんだか変な違和感を受けてしまい、蕎麦の味まで落ちる気分になりました。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 立食いそば屋のおばちゃんから「プロ意識」を感じる納得の理由
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい