カリスマ販売員も脱帽。ジャパネットがバカ売れする3つの秘密

shutterstock_105900431
 

毎日さまざまな局で放送されているテレビショッピング。1回の放送で莫大な売上を立てる手法は普段の営業や接客に活かせる、というのは接客販売コンサルタント&トレーナーの坂本りゅういちさん。坂本さんは今回、自身の無料メルマガ『販売力向上講座メールマガジン』で、テレビショッピングを見てわかった「売るための3つのポイント」を紹介しています。

テレビショッピングから学んでみる

読者の皆様は、テレビショッピングをご覧になりますでしょうか?

私自身は、商品提案の参考にするために、見る機会が度々あるのですが、「やっぱりすごいなぁ」と思わされることが、見る度に見つかります(個人的には「ジャパネットたかた」のテレビショッピングが好きです)。テレビというメディアを通して、1回の放送で、とんでもない金額を販売する力を持っているテレビショッピング界の方々の販売法は、やはり勉強になることが多いのです。

販売の世界に生きていて、これをスルーして活かさないというのは、非常にもったいない。ということで、せっかくこういう話をしているので、普段の接客にも活かせるような注目のポイントをいくつかお伝えしたいと思います。

ひとつは「商品の扱い方」。

テレビショッピングでは、一つの商品をしっかり時間をかけて紹介していきます。その中で、機能について説明をしたり、どんな商品かを丁寧に説明していく際、商品に触れる機会が多々あるわけです。これは普通の販売員でも同じですよね。

しかし、よく見ていると、テレビショッピングのMCの方々は、とても丁寧に商品を扱います。商品に慣れて雑に扱ってしまうことは決してなく、とても見栄え良く丁寧に商品に触れるのです。ジャパネットたかたの高田明元社長に至っては、「たからものを扱うように商品を扱う」と評されるほどです。

一度注目してご覧いただくとわかりますが、指の添え方や、カメラからの取りやすさなども含めて、とても研究されているのだと感じさせられる商品の扱い方です。

印刷する

人気のオススメ記事

  • カリスマ販売員も脱帽。ジャパネットがバカ売れする3つの秘密
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい