中学校側が「いじめではない」とシラを切り続けたLINE画像の衝撃

2018.04.25
1893
linegazo
 

以前掲載の記事「いじめの『学校調査』に闇。被害者の依頼で探偵が突き止めた真犯人」が大反響を呼んだ、数々の「いじめ」問題を解決に導いている現役探偵の阿部泰尚(あべ・ひろたか)さん。自身のメルマガ『伝説の探偵』の最新号では、問題を解決する気がまったく感じられない教師や学校が関わっていたある「いじめ問題」について、生々しいLINE画像も公開しつつ、その解決までの道のりを紹介しています。

いじめ謝罪の会、反省文はいじめ解消の印ではない

いじめには解消の定義がある

(いじめ解消の定義)
いじめが止まっている状態が3ヶ月間(目安)継続しており、被害者が心身の苦痛を感じていないこと。

この定義は、2016年に青森県の中学2年生の女子生徒がいじめを苦にして自殺をした事件がきっかけになり見直されたものだ。この女子生徒は、いじめの相談を受けて加害生徒らを注意した教員が、その注意した時点で「解消」したと判断したが、いじめはその後も継続しており、安易にいじめが解消したと判断しないようにという教訓から見直しとなった。

つまり、それまでは、「謝罪の会」など何らかの形を設け、「はい、終わり!いじめは解消したと判断していたのだ。実際、2017年10月、文部科学省発表によれば、いじめの解消率はおよそ9割とされている(2016年度)。

前述のいじめ解消の定義の見直しは2017年1月のことだから、今後の解消率がどうなるのか、期待したいと言いたいところだが、全く期待できないというのが現場にいての感想だ。

ある中学生からの相談

東海中部地方の中学校に通う中学2年生の男子生徒から、直接、電話相談を受けた。

相談の内容は、

中1の入学当初から特定の男子生徒から暴力・暴言を吐かれるようになり、夏休み前に我慢ができなくなって、不登校になった。夏休み明けからしばらく、当時の担任教員から、加害者の反省文を渡され、学校に行くようになったが、その後もいじめは続いており、今度は目立たぬように、足を踏んだり、階段で押す、露骨な仲間はずれが行われた。その都度、担任には相談したが、「奴らは反省しているから、お前も受け入れて強くなれ」と言われ続けた。中2になってクラス替えがあり、違うクラスになると思っていたが、加害者らグループと同じクラスになっていた。もう我慢できないので、学校に行きたくない。

というものだった。

私の回答は、「学校に行く必要はない。これは身の安全を図るための回避だから」である。だが、いじめをするようなくだらない奴等や生徒を守ろうとしない教師によって、不利益を生じてはならないから、すぐに復帰できるように勉強だけは続けようとアドバイスした。

翌日、親からクレームが…

ところが翌日、今度は保護者から連絡が入った。

「あなたが余計なことを言うから、子供が学校に行かなくなってしまった。どう責任を取るんだ!?」

いじめの事実を告げると、保護者は「知っていますよ」と続けて、「学校ではもう解消したことになっている」と言ってきた。保護者は、いじめが解消していない事実を薄っすらと勘付いていたようだが、私に話していないと思って、クレームをしてきたそうだ。

加害者からの要求

本人に電話を代わってもらい、状況を聞くと、今度はLINEで加害者から連絡が入っているということだった。

abe-linegazo20180424

※編集部で画像の一部を修正

すぐにブロックしたとのことだが、被害者本人は、突然家に来るのではないかと恐怖感を持っている状態であった。保護者も、仕事があり、家に常にいるわけではない。そこで、学校側に相手保護者にも状況を伝えるように依頼し、今後このようなことが起こらないように指導をしてもらうことになった。

しかし、学校の回答は、「すでにいじめは解消しており、生徒が学校にくるように促したのは、言葉が乱暴であっても、社会通念上よくあるやりとりであり、問題ではない。むしろ、健康であるのに学校に来ないのは、家庭教育上の問題だと捉えられるから、ご家庭で、登校を促すように努力してほしい」というものであった。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 中学校側が「いじめではない」とシラを切り続けたLINE画像の衝撃
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい