ネットで買い物ができちゃう昨今、リアル店舗は何したらいい?

shutterstock_443653186
 

スマホを操作すればすぐに買い物ができ、しかも実店舗よりも価格は安い、という昨今。今回の無料メルマガ『販売力向上講座メールマガジン』では著者で接客販売コンサルタント&トレーナーの坂本りゅういちさんが、どんどん不利な状況に陥っていくリアル店舗が「変えるべきこと」を紹介しています。

ネットで買えるのに

今日の話は、人によってはかなり厳しく受け取られる話かもしれません。

世はすでにネット社会です。ちょっと手元のスマホをいじれば、買い物なんていくらでもできます。自店で扱っている商品だって、よほどオリジナリティのある商品でなければ、ネット上でいくらでも買えるわけです。しかも、価格に関しては、店舗運営費や人件費が大幅に違うので、安く買えてしまうことがほとんどでしょう。「価格.com」のように、最安値をすぐに探してくれるようなサイトだって存在しています。

そんな中、ネットで安く買える商品を扱っているリアル店舗が、今まで通りの販売をしていても、絶対に売上は上がっていきません。絶対にです。

いくら人材教育をして販売テクニックを身につけようと、いくら新商品の案内をしようと、いくらネットに対抗して利益を下げて安くしようと、限界があります。その感覚で戦っていても、結局ネットで買えてしまうのですから、お客様からしたら、店舗へ足を運ぶ必要なんて無いに等しいのです。

でも、だからこそ、リアル店舗に求められることリアル店舗だからできることを考えていかなければいけません。その最たるものは、その店舗ならではの独自要素です。

「この店に行けば、こんな体験ができる」
「この店に行けば、こんな人がいる」
「この店に行けば、ネットでは聞けないことが聞ける」

何でも良いのですが、その店ならではの独自要素を生むことで、お客様は店へ行く必要性を感じるようになります。これが生み出せるかどうかの勝負なんですね。

印刷する

人気のオススメ記事

  • ネットで買い物ができちゃう昨今、リアル店舗は何したらいい?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい