マネーボイス メニュー

1000万人がアルコール依存症か予備軍。「宅飲み」2つの依存で人間関係も信用も金も失う=鈴木傾城

現在、日本ではアルコール依存者は107万人近くおり、問題飲酒者やアルコール依存の疑いの人は約885万人いる。つまり、1,000万人近い人はアルコール依存と無縁ではない。人間関係も信用も金も、すべてを捨てても止められない沼がある。(『鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編』)

【関連】なぜ日本のシングルマザーは地獄なのか?約123万2,000世帯の半数が貧困=鈴木傾城

【関連】日本の貧困層は飢えずに太る。糖尿病患者の半数以上が年収200万円未満の衝撃=鈴木傾城

※有料メルマガ『鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編』好評配信中!ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:鈴木傾城(すずき けいせい)
作家、アルファブロガー。政治・経済分野に精通し、様々な事件や事象を取りあげるブログ「ダークネス」、アジアの闇をテーマにしたブログ「ブラックアジア」、主にアメリカ株式を中心に投資全般を扱ったブログ「フルインベスト」を運営している。

日本では、1,000万人近い人がアルコール依存と無縁ではない

私が知り合った女性の少なからずはアルコール依存だった。

タイ・バンコクの歓楽街はゴーゴーバーにしろオープンバーにしろ、いずれも客の男と一緒に酒を飲むのが彼女たちの仕事だったわけで、毎日のようにアルコールに接しているとどうしても依存症になりやすい。

ほとんどの女性はアルコールの多飲が身体に悪いと知っているので、1日に1杯か2杯だけビールを飲んで、あとはコーラでごまかすやり方をしているのだが、中には豪快な男に釣られたり、「飲め」というのを断れなかったりして大量飲酒してフラフラになっている女性の姿も見る。

もちろん、バーで働く女性の誰もが依存症に落ちていくわけではない。雰囲気に飲まれない女性もいる。最初からアルコールを受け付けない女性もいる。親兄弟の誰かがアルコール依存で、それを見てきているので「自分は絶対に飲まない」と説明する女性もいる。

しかし、やはり夜の歓楽街の女性の少なからずは、飲酒の習慣を繰り返してアルコール依存「予備軍」となり、いつしか本格的なアルコール依存へと落ちていく。日本でもキャバクラに勤める女性がアルコール依存に落ちやすいのは言うまでもない。

女性は男性よりもアルコール依存に落ちやすい。身体が小さいので同じ量を飲んでもアルコールが回りやすいというのもあれば、肝臓が小さくてアルコール分解が遅いこともあって酒害を受けやすいというのもある。

ただ、女性は節度があって依存症に落ちていく人は男性と比べると少ない。男性の方は、飲む機会が多い上に節度もなく飲み、しかも耐性のある人も多いのでアルコール依存に落ちる人は多い。

現在、日本ではアルコール依存者は107万人近くおり、問題飲酒者やアルコール依存の疑いの人は約885万人いる。

つまり、1,000万人近い人はアルコール依存と無縁ではない。

依存には2種類ある

日本はアルコールが野放しだ。コマーシャルも大量に流れる。そして、アルコールは社会から広く容認されている。アルコール依存は決して珍しい病気ではない。気をつけないと誰もがかかってしまうものだ。

しかし、それなのに充分に理解されているとは言いがたい。依存に落ちたことがない人は、たとえばアルコール依存症やギャンブル依存症の人たちを見ると、「やめようとしないからそうなる。意思が弱いのだ」と思う。

また本人も何度もやめる決意をするのだが、また戻ってしまうので「自分は意思が弱い」と自暴自棄になる。こういった人たちが確かにいる。

依存には2つの種類がある。「精神依存」と「身体依存」だ。

精神依存とは、それを止めると激しい不安や不快感や喪失感を覚えて居ても立ってもいられなくなって、目の前の仕事はおろか、思考能力すらも失ってしまう状態になるものだ。

身体依存とは、それを止めると激しい禁断症状が身体に現れ、手が震えて止まらなくなったり、譫妄《せんもう》が起きたり、ひどい時は意識を失ったり、全身痙攣を起こしたりするものだ。

精神依存も身体依存も、一度そこに落ちると意思が強い弱いの問題ではなくなる。意思が消失して、渇望感だけがすべてになってしまうのである。

自制が効かなくなる。それが「依存症」の特徴である。

Next: 合法ゆえに多くの人が深みに落ちる。人間関係も信用も金も喪失する



合法ゆえに多くの人が深みに落ちる

真夜中の世界、すなわちアンダーグラウンドは、さながら「依存症」の見本市のように、あらゆるタイプの依存症の人が集まってくる。それは、アンダーグラウンドが「欲望」を提供する世界でもあるからだ。

しかし、中でもアルコール依存は目立つ。アルコールは社会的にも容認されているから、自制がかかりにくいのである。「合法で、みんな飲んでいる、飲まないのは付き合いが悪い」と思うと飲むことにも拍車がかかる。

やがて、アルコールから抜けられなくなって「ワナに落ちた」ことに気付いても、そこで毅然と決別することはできない。それが習慣になってしまっているからだ。結局、どんどん深みに落ちていくことになる。

世の中にはあらゆる依存症があるが、アルコール依存症の人たちは人口が多いし、非常に目立つ。アルコールは医学的に見ると「ドラッグ」なのだが、それがドラッグとは意識されないで飲まれ続ける。

そして、社会の許容の中で依存者が量産される。

人間関係も信用も金も、すべてを捨てても止めない

彼らはもはやそれなしでいられなくなっているので、自分の意思で飲酒を止めることはできない。この状態を「酒に飲まれる」と人々は言う。

酒に飲まれると、それが自分の身体を蝕んでいくのか分かっていても止めようと思わない。思っても止められない。その結果、最後には致命的な事件や事故を起こしたり、深刻な病気になったりして人生を破綻させる。

アルコール依存が深まれば深まるほど、日常生活がルーズになってしまうので仕事ができなくなったり、経済的に困窮したりするケースも増える。どん底《ボトム》に落ちている人たちの多くは、アルコール依存でもある。

山谷・寿町・西成の日本を代表するドヤ街のどこに行っても繁盛しているのは「飲み屋」である。昼間から居酒屋が開いていて多くの労働者が酒を食らっている。金がなくて食べ物を食べなければならないのに酒を飲む。

酔って道ばたに転がっている人もいる。それはドヤ街の日常的な光景でもある。先日、私が大阪西成区のドヤ街に久しぶりに訪れた時も、酔って道ばたに座り込んでいる人がいた。

「変わってないな……」と私は思ったものだった。

いったんアルコールに飲まれると「飲む」ことが優先されるので、人間関係も信用も金も、すべて吹き飛んでいく。

その結果、自分を支えてくれていた多くの人を失ってしまい孤独に落ちやすくなる。

Next: 依存症になりやすい性格や環境もある。周囲の人たちは助けられない



入口はいろいろ。依存症になりやすい性格や環境もある

依存症になりやすい性格や、なりやすい環境もあるという。

子供の頃に、不安定な家庭環境にあった人、何らかの虐待に遭った人、極度の不安の中で暮らしていた人が、依存症になりやすいようだ。

ただし、そういった環境の人がすべて依存症になるわけではない。生活環境や考え方も大きな影響がある。

とても恵まれた環境で育ってきた人でも、成人してからの何らかの挫折やショックが、急激に依存症を引き起こすことも珍しくない。

どんな環境の人であってもアルコール依存に落ちることがある。そして、依存症になってしまう原因は、個人個人で違う。

バーに勤める女性や、接待が日常になっている営業マンなど、職業柄アルコールと深く関わって、そのままアルコール依存になってしまう人もいるし、人生のどこかで激しい精神的ショックを受けて挫折してしまったり、心が折れてしまったことを契機にアルコール依存に落ちることもある。

入口はいろいろだ。

しかし、いったんアルコール依存になると、いろんなものがうまく回らなくなり、身近にいた人も近寄らなくなるというのが依存者全員の共通した経験となる。

「いつでも止められる」それはすでに手遅れ

依存に落ちると、自分に対する失意が積み重なっていく。まわりの信頼も失い、喪失感も消えなくなる。その喪失感から逃れるために、アルコールに頼らざるを得なくなる。不安やストレスを感じた時、常にアルコールに逃げるようになっていく。

それが繰り返されるうちにやがて依存が強まっていき、最後には逃れられなくなるのである。

最初は、本人は自分が依存症であると気がつかない。認めることもない。誰かに指摘されるとムキになって否定し、絶対に自分は依存症ではないと言い張る。

アルコール依存に落ちた人は、誰が見てもその人がアルコール依存だと分かっているのに、本人だけは違うと言い張る。

「自分はまだ大丈夫」
「やめようと思えばいつでも止められる」

まわりが指摘しても本人だけが必死で否定している時は、すでに手遅れである可能性が高い。

それでも依存から抜けようとしない。また、本当に手遅れになったと本人が気付いても、やはりそこで止めるという選択肢を選ばない。

「どうせ止められないから、もういいんだ」
「どうせ人間は死ぬんだから、もういいんだ」

そうやって最後の最後まで自滅の道を突き進み、本当に人生が破綻するところまでいく。人生の最後の瞬間まで、自分を破滅させたものを止めない人も多い。

Next: 他人の人生なので、どうすることもできない



他人の人生なので、どうすることもできない

誰でも身近にそうした人がいる。彼らが堕ちていく悲しみを見て、私たちはそっと目をそらす。他人の人生なので、どうすることもできないからだ。

この時、「自分もまた何かの依存症になっていないか?」と、ふと振り返って自問自答するのは大切だ。「我が身を振り返る」ことが早い段階でできるかどうかで、引き返せるかどうかが決まるからだ。

実は私は今、とても心配している人がいる。
引き返してくれればいいのだが、と願っている……。

有料メルマガ好評配信中! 初月無料です

【関連】臨月の風俗嬢は、なぜ中国人の性奴隷になったのか?日本人女性を買い漁るチャイナマネーの暴力、インバウンドという日本侵略の実態=鈴木傾城

【関連】日本で急増する「住所を喪失」した人たち~車上生活、漂流女子、8050問題が行き着く地獄=鈴木傾城

【関連】消費税ゼロ%で救える命。コロナ恐慌で死ぬ間際にも黙って10%を払い続けるのか?=鈴木傾城

【関連】コロナ不況で日本人の大半が貧困層へ。生活をダウングレードしないと生きられない=鈴木傾城

<初月無料購読ですぐ読める! 4月配信済みバックナンバー>

※2021年4月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

2021年4月配信分
  • 誰もが軽視するが大事なこと。「感情のコントロールは利益を生む」という事実(4/4)

いますぐ初月無料購読!


※有料メルマガ『鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編』好評配信中!ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

※初月無料の定期購読のほか、1ヶ月単位でバックナンバーをご購入いただけます(1ヶ月分:税込550円)。

2021年3月配信分
  • 中国なんかどうでもいい。新興国も気にしなくてもいい。アメリカに賭けよ(3/28)
  • 自分に賭けるよりもビッグブラザーに賭ける方が勝てるなら、私は自分に賭けない(3/21)
  • 一生懸命に働いたら報われるという認識は嘘八百だ。それを信じると人生が詰む(3/14)
  • ちっぽけな起業家から、大企業に働いてもらう側に立場をスルリと入れ替える(3/7)

2021年3月のバックナンバーを購入する

2021年2月配信分
  • 株式崩壊は、浜矩子みたいな人間が警告しようがしまいが何らかの形で必ず来る(2/28)
  • 株式市場が過去最高の高値圏にまで上昇している。「そろそろか」と思う局面(2/21)
  • 株式を保有している人は、こんな時期に「資産が増えた」など大声で言わない(2/14)
  • 時代は変わっても自分の性格は変わらない。ここを間違えたら一生苦しむ(2/7)

2021年2月のバックナンバーを購入する

2021年1月配信分
  • 生き方を変えるなら今しかない。2020年代は「個」で待遇も賃金も変わっていく(1/31)
  • バイデン政権で最も注視すべきなのは国防長官ロイド・オースティンである理由(1/24)
  • 阪神・淡路大震災の教訓。100%来る「次の巨大地震」で投資家がすべきこと(1/17)
  • プラットフォームを掌握する巨大メガテックが自国の大統領をも粉砕する時代(1/10)
  • 働くことは生き甲斐につながるが、必ずしも豊かさにつながるわけではない(1/3)

2021年1月のバックナンバーを購入する

2020年12月配信分
  • 2021年は前半は慎重に動いて、後半からどんどん追い込んでいくのが良い理由(12/27)
  • 「弱者の不幸は蜜の味」。災厄はなぜ強者にとってはおいしい局面になるのか(12/20)
  • 今年の冬を経済的に乗り切れない人がどうなるのか、よく見つめておくべきだ(12/13)
  • 「金に興味がない」から、労力を使わないで金を増やす方法を採用している(12/6)

2020年12月のバックナンバーを購入する

2020年11月配信分
  • 私たちも、竹中平蔵のように甘い汁を吸わなければ生きていけない世の中なのだ(11/29)
  • 現代社会は「資本主義」ではないということを認識すれば容易に生き残れる(11/22)
  • バイデン政権が甘ければ、中国企業がグローバル化を乗っ取ることもあり得る(11/15)
  • トランプ大統領は終わって、バイデン大統領の時代になる。相場もまた変わる(11/8)
  • 大混乱の中、いよいよ11月がやってきた。今こそ社会の動きに瞠目し決断せよ(11/1)

2020年11月のバックナンバーを購入する

2020年10月配信分
  • 起業家にならなくても、孫正義や三木谷浩史や柳井正を利用する生き方もある(10/25)
  • 稼ぐために悪人にならなくてもいい。合法的に金が転がり込んでくる場所がある(10/18)
  • 狂った猿の作り方。徹底的に人間を依存症に追い込むのがパチンコという世界(10/11)
  • もう一度よく考えてみよう。コロナで世の中はまったく違ったものになるのか?(10/4)

2020年10月のバックナンバーを購入する

2020年9月配信分
  • 国民に都合の良い政策など実現しない。悪い政策の方が実現する。それが現実(9/27)
  • 起業しないで起業家と同じようなスリルと大きな利益を手に入れる方法がある(9/20)
  • 波乱の相場。これから3ヶ月、何が起こるのか誰にも分からない中で生き残る(9/13)
  • ポートフォリオが自分のリスク許容度に見合っているか点検するのは悪くない(9/9)
  • 「自分はどこまでリスクが取れるか?」で何も持たない人間の運命が変わる(9/6)

2020年9月のバックナンバーを購入する

2020年8月配信分
  • 安倍政権を「賞味期限切れ」にしてしまった要因と、アメリカ大統領選挙の行方(8/30)
  • ジョー・バイデンが大統領になる前提で、投資家はすでに新たな動きを起こしている(8/23)
  • コロナによって、超巨大ハイテク企業はより独占的・支配的・持続的になった(8/16)
  • MMT(現代貨幣理論)やベーシックインカムが声高になれば、ここに投資しろ!(8/9)
  • コロナ時代には、政府がばらまく金を投資で自分に引っ張り込むことが重要に(8/2)

2020年7月のバックナンバーを購入する

2020年7月配信分
  • 難しい時代は何もしない。バクチ銘柄を扱わない長期投資家は高みの見物でいい(7/26)
  • ジャック・マーも保有株を売り、バフェットも買わず、ゴールドは上がる時代(7/19)
  • 「コロナだろうが何だろうが、しっかり会社を経営しろ」と叫んだら起こる地獄(7/12)
  • コロナによる世界的な混乱で一筋縄ではいかない状況。正解はまだ分からない(7/5)

2020年7月のバックナンバーを購入する

2020年6月配信分
  • うまく生きたければ、早く仕事もライフスタイルも投資も非接触系に転換しろ(6/28)
  • 今後、社会・企業・ライフスタイルを「これ」で区分けすべきだと気づいた(6/21)
  • 2020年がバラ色の年であるとは思っていないのに米国株に投資をする3つの理由(6/14)
  • どこの国でも「株式を保有していた人間」が先に助かり、恩恵も大きかった(6/7)

2020年6月のバックナンバーを購入する

2020年5月配信分
  • コロナ禍が、また違う「禍(わざわい)」を招き寄せるという現象に注目せよ(5/31)
  • アメリカでは失業者「2500万人」を超える状況になっているのに株価は戻した(5/24)
  • 40年で約3倍の結果として違ってくるというのに、誰も何もしないのが現実の姿(5/17)
  • コロナウイルスによる大恐慌なみの経済ショックで誰がどのように得するのか?(5/10)
  • 今は「生き残る」ことをテーマにしてライフスタイルや投資を組み立てておく(5/3)

2020年5月のバックナンバーを購入する

2020年4月配信分
  • 別に世の中を読まないが、それでいて時代が必要とする重要企業も逃さない方法(4/26)
  • 「自分の人生の中で最も最悪な年になる」と自覚してコロナショックを生き残れ(4/19)
  • 歴史的な暴落波乱相場で容易に生き残る方法(2)危機が去れば焼け太りする(4/12)
  • 今の相場環境は嫌いではない。低迷が長引くほど保有株を大量に増やせるから(4/5)

2020年4月のバックナンバーを購入する

2020年3月配信分
  • 歴史的な暴落波乱相場で容易に生き残る方法(1)頭を使わないで平均点を取れ(3/29)
  • コロナショックはいずれは落ち着いて、どんな形にしろ日常は必ず戻ってくる(3/22)
  • 私のやっている投資がコロナショックでの相場大激変でも何の問題もない理由(3/15)
  • ついにやってきた株式市場の暴落と乱高下。この社会情勢で私はどう動くか?(3/8)
  • 新型コロナウイルスで市場が変わった(2)12%の暴落をどのように考えるか?(3/1)

2020年3月のバックナンバーを購入する

2020年2月配信分
  • 新型コロナウイルスで市場が変わった(1)日本はもしかしたら見捨てられる?(2/23)
  • 「中国を潰してやる」というのは、アメリカの一貫した方策であることを認識せよ(2/16)
  • 新型コロナウイルスが浮き彫りにしたのは、中国に投資すべきではないということ(2/9)
  • 中国の新型肺炎で、1月24日に「オーメン」を嗅ぎ取って動いていた人たち(2)(2/2)

2020年2月のバックナンバーを購入する

2020年1月配信分
  • 中国の新型肺炎で、1月24日に「オーメン」を嗅ぎ取って動いていた人たち(1)(1/26)
  • 国民年金だけでは65歳以後は乗り切れないということを早く自覚して行動すべきだ(1/19)
  • 私がやりたいのは「株式市場での火事場泥棒」。社会が混乱している時に盗む(1/12)
  • イランの反米司令官が爆殺されて肉片となったので米国株式を増やすことに決めた(1/5)
  • 【新年特別号】令和すなわち地獄。終わりの始まりを迎えた日本で経済的にサヴァイヴする方法(1/1)

2020年1月のバックナンバーを購入する

2019年12月配信分
  • 私が「2020年代が自分の人生で最もキツい年代になる」と覚悟している理由とは?(12/29)
  • 「捨て石」の概念を見直せ。これが前もって成功に辿り着く確率を上げる方法(12/22)
  • 読者のみなさまへ、バックナンバーのご案内(12/17)
  • 2019年の総括と、2020年のこと。相場の動きは読まない。何か起きたら対応する(12/15)
  • 社会が重要な岐路にあるとき、次の方向性を知るためには何を見ればいいのか?(12/12)
  • 日本人は全員で消費税を引き上げた政治家・官僚・財界の馬鹿どもに復讐せよ(12/8)
  • 【まぐまぐ】年賀状キャンペーン期間延長のお知らせ(12/1)
  • 株式の割高・割安を見る3つの指標と、これから起きそうな予兆についての考察(12/1)

2019年12月のバックナンバーを購入する

2019年11月配信分
  • 社会は大きな「ゆがみ」を生み出すのだが、それを見つけて埋めるとカネが入る(11/24)
  • 「楽して手っ取り早くカネを増やしたい。思惑が外れたらサヨウナラ」の気持ち(11/17)
  • 鈴木傾城が今の投資について思っていること(2)世界を買うか、米国を買うか?(11/10)
  • 鈴木傾城が今の投資について思っていること(1)相場は上がっているが……(11/3)

2019年11月のバックナンバーを購入する

2019年10月配信分
  • 次のリーマンショック級の経済ショックが起きたら、ソフトバンクは死ぬ(10/27)
  • 人生も壮大な賭け。投資から人生まで「賭け方」で知っておくべき4つのタイプ(10/20)
  • 投資の前に貯金や収入を何とかしなければならないのであれば、どうすべきか?(10/13)
  • 「一生現役」は、政府が日本国民を死ぬまで働かせるためのキーワードである(10/6)

2019年10月のバックナンバーを購入する

2019年9月配信分
  • 圧倒的な弱者であっても、絶滅するどころかしたたかに生き残っている事実(9/29)
  • 資本主義では資本が生み出す不労所得を手に入れることが最も大きな「旨み」だ(9/22)
  • 今までの資本主義は「株式保有」が生き残るための武器だったが次はなにか?(9/15)
  • 重い借金を抱えて地獄を見て生きている人は、借金のない人が幸せに見える(9/8)
  • 消費税10%を乗り切れ。ダメージを受ける人は、その分をサイドジョブで吸収せよ(9/1)

2019年9月のバックナンバーを購入する

2019年8月配信分
  • 下らないマウントが横行するネットの世界で自分のスタイルを守るには?(8/25)
  • 最先端のバイオ・ゲノム企業に投資するのが難しい理由と乗り越える方法(8/18)
  • 中国発の株式市場への巨大な悪影響は、いつか必ず私たちに襲いかかってくる(8/11)
  • 8月1日に巨大損失を被ったのであれば、それは健全な投資をしていない証拠(8/4)

2019年8月のバックナンバーを購入する

2019年7月配信分
  • アメリカに投資していないのであれば、本当の意味の恩恵を受けていない(7/28)
  • カネのあるところから無理やり自分にトリクルダウンさせる仕組みがある?(7/21)
  • アメリカの株式市場が史上最高値更新。しかし、有頂天になる局面なのか?(7/14)
  • アーリーリタイアは「夢のまた夢」なのか「何とかできる」ものなのか?(7/7)

2019年7月のバックナンバーを購入する

2019年6月配信分
  • 定期定額積立投資しながら暴落待ち。私が次の暴落に投資したいのはこれだ(6/30)
  • 率直に言うと、日本の株式市場に長期投資するというのは人生最悪の選択(6/23)
  • 米中新冷戦は長引くが、これによってアメリカに賭ける戦略は終わるのか?(6/16)
  • 第一線を離れてからも要領良く資産を増や続けるビル・ゲイツを観察せよ(6/9)
  • 起業して10年後に生き残れるのは6%。起業に人生を賭けない生き方も悪くない(6/2)

2019年6月のバックナンバーを購入する
さらに以前のバックナンバーはこちら

【関連】偽装結婚が増加中。日本人が知らない中国人女性の恐ろしさと潔い手口=鈴木傾城

【関連】なぜ生活保護は助けない?所持金600円の母子家庭を追い返し、不正受給4万4,466件の闇=鈴木傾城

【関連】なぜAmazonは中国製の粗悪品だらけになった?日本人を狙い撃ちする中国留学生マニュアル=鈴木傾城

【関連】少子高齢化で日本は生涯現役「強制」社会へ、死ぬまで働く私達が幸せになる唯一の方法は?=鈴木傾城

【関連】なぜ年収数億円の有名人が破産する?私たち庶民にも参考になるたった1つの防衛策=鈴木傾城

【関連】日本発地獄行き。「念願のマイホームを買う」という幸せゲームの末路=鈴木傾城

【関連】フィリピン妻は結婚できない中年男を幸せにするか? 奇跡の婚活、夢の果てに=鈴木傾城

image by:west_photo / Shutterstock.com

本記事は鈴木傾城氏のブログ「ブラックアジア」からの提供記事です。
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編

[月額550円(税込) 毎週日曜日]
日本で最も「危険を感じさせる」と言われているブログ「ダークネス」。アジアの闇をテーマにした「ブラックアジア」。この2つのブログで月間約150万ビュー以上を叩き出している鈴木傾城のメルマガです。様々な事件や事象を取り上げて、ブログ「ダークネス」にも書き切れないホンネを書いていきたいと思います。

シェアランキング

編集部のオススメ記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
MONEY VOICEの最新情報をお届けします。