fbpx

消費税ゼロ%で救える命。コロナ恐慌で死ぬ間際にも黙って10%を払い続けるのか?=鈴木傾城

そもそも消費税は引き上げる必要があったのか。消費税を引き上げたら景気が悪化するというのは分かっていた。それなのに政府は消費税を引き上げた。新型コロナウイルスで景気が悪化したことによって「消費税の引き上げで景気が悪化した」という側面は忘れられるかもしれない。しかし、新型コロナウイルスのダメージが来る前に、日本はすでに消費税引き上げでダメージを受けていたのだ。(『鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編』)

※有料メルマガ『鈴木傾城の「ダークネス」メルマガ編』好評配信中!ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:鈴木傾城(すずき けいせい)
作家、アルファブロガー。政治・経済分野に精通し、様々な事件や事象を取りあげるブログ「ダークネス」、アジアの闇をテーマにしたブログ「ブラックアジア」、主にアメリカ株式を中心に投資全般を扱ったブログ「フルインベスト」を運営している。

結局、消費税は日本のためになっていない

2019年10月に消費税が引き上げられて、景気動向指数は一気に悪化した。GDP速報値もマイナスに転がり落ちた。その後に中国の新型コロナウイルスの感染が世界を覆い尽くし、日本も未曾有の危機に落ちようとしている。

消費税は税収の大きな柱に育った。そして財務省は、さらなる税収を手に入れようとして消費税をどんどん引き上げてきた。

しかし、消費税は「消費をしたら罰する」というべき性質の税金なので、消費税を上げれば上げるほど人々は余分にカネを取られるのに嫌気がさして消費しなくなる。

実際、消費税10%になってから「普段通りだと支払いが高くなるので買い物を10%分減らした」という層が増えた。消費は「減った」のだ。

人々がこうやって消費を控えるようになれば、当然のことながら景気は悪化する。景気が悪化すれば企業はリストラしようとする。リストラされた人はモノを買わない。ますますモノが売れなくなる。負のスパイラルが続く。

そうなれば最終的に税収は減ってしまう。結局、消費税は日本のためになっていないのだが、財務省はそれを止めようとしない。

「消費税ゼロ%」でダメージを受けた国民をまとめて救える

しかし、2020年4月現在。世界中が新型コロナウイルスで壮絶な経済危機に直面しており、日本もまた大ダメージから逃れられない状況になっている。人々は景気悪化に飲まれて収入が減っていく。

特にダメージを受けるのは、非正規雇用者だ。彼らは2020年3月の時点で、すでに解雇・雇い止め・無給の休業・請負の打ち切りなどで収入が極度に不安定な状態に陥ってしまっている。

2020年3月31日。東京新聞は『感染拡大 雇い止め連鎖 非正規含め失職1000人迫る』として、現場が危機的な状況になっていることを示唆している。厚生労働省も「新型コロナで解雇や雇い止めが確定した人は994人」と発表した。

小池都知事は3月30日に「夜の飲食店の自粛」を要請しているのだが、これは居酒屋・キャバクラ・ホスト・クラブ・バー・風俗などの「歓楽街」の人々全員に大きなショックを与えた要請だった。

消費税の引き上げでただでさえ「景気が悪くなってしまった」という実態があったのに、新型コロナウイルスで生きるか死ぬかのどん底に叩き落とされるのである。

「自粛による経営悪化は粗利を全額補償する」「全国民の生活を保障するために給付金を出す」と宣言してからの自粛であればまだ助かったが、何も保障しないで自粛だけを要請したので「もう終わりだ」と思った飲食店経営者・サービス業者は多かったのではないか。

そして、客が来ないと一気に食べていけなくなるキャストも大ダメージを受けたはずだ。

政府が新型コロナウイルスでダメージを受けてる全国民を、一括で一気に救う方法があるとしたら「消費税ゼロ%」にすることだ。国民のすべてがこれによって同時に恩恵を受けることになる。

Next: そもそも消費税は引き上げる必要があったのか。消費税を引き上げたら――

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー