fbpx

コロナ恐慌は長期化する?世界経済のV字回復が期待できない3つの理由=斎藤満

各国政府はコロナ恐慌に対して財政金融両面から大規模な需要刺激策を打ち出しつつあり、一部にはその効果から、世界経済のV字回復を期待する見方が出ています。しかし現状においては、少なくとも3つの要素から見て、V字回復は期待薄と見ます。(『マンさんの経済あらかると』斎藤満)

※本記事は有料メルマガ『マンさんの経済あらかると』2020年4月8日の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:斎藤満(さいとうみつる)
1951年、東京生まれ。グローバル・エコノミスト。一橋大学卒業後、三和銀行に入行。資金為替部時代にニューヨークへ赴任、シニアエコノミストとしてワシントンの動き、とくにFRBの金融政策を探る。その後、三和銀行資金為替部チーフエコノミスト、三和証券調査部長、UFJつばさ証券投資調査部長・チーフエコノミスト、東海東京証券チーフエコノミストを経て2014年6月より独立して現職。為替や金利が動く裏で何が起こっているかを分析している。

ついに始まったコロナ恐慌

先週末に米国の雇用が急速に悪化を見せたように、世界経済はコロナウイルスの感染拡大によって、急速に悪化しています。

ジャネット・イエレン前FRB議長は6日、CNBCのインタビューで、米国雇用の急速な悪化は衝撃的だと言い、4-6月の米国GDPは30%を超えるマイナス成長になる、との見方を示しました。まさに「コロナ恐慌」の感があります。

各国政府は財政金融両面から大規模な需要刺激策を打ち出しつつあり、一部にはその効果から、世界経済のV字回復を期待する見方が出ています。

しかし、感染拡大に終止符が打たれ、経済封鎖、移動制限が解かれ、国民の間に不安が消えないと、その刺激効果は表れにくく、「見せ金」にすぎなくなります。

現状においては、少なくとも以下の3つの要素から見て、V字回復は期待薄と見ます。

V字回復は期待できない理由その1:先進国でまだ収束が見えない

まず第1に、先進国での感染拡大に収束が見えません。

ニューヨークでは死者の増加ペースがやや鈍ったとはいえ、米国でのウイルスによる死者は10万人から24万人になるとホワイトハウスは予想しています。現在はまだそれに対して初期段階にあります。

東京では1日の感染者増加が100人を超え、米国に遅れて「感染爆発」の危機が迫っています。

今や欧州と米国がバンデミックのエピセンター(感染の震源地)となり、各地でロック・ダウン (都市封鎖)がなされたものの、いまだに感染のピークも見えてきません。

収束に最も期待が寄せられる特効薬、抗ウイルス剤の開発が途上にあります。ワクチンの開発には1年から1年半かかるというので、今年中には使えません。抗ウイルス剤については、日本でもアビガンの他、4種類の開発が進められていますが、副作用などの臨床試験を経て実用化するには、まだ時間がかかります。既存薬の中で、アビガンや米国のエボラ熱用の薬が有効とされていますが、それぞれに短期間では判明しない副作用が指摘されていて、そのリスクを踏まえた利用に至るには、もう少し時間が必要と言います。

こうした不安が広がる中では、個人自体が外出を自粛せざるを得なくなり、実際、世界の主要都市では「ゴーストタウン」化が進んでいます。世界から危機感が乏しいと、対応のぬるさを批判される日本でも、都市の空洞化が進みつつあります。

この状況が解消されないと、人々の経済活動復活は困難で、この状況が長引くほど、耐えられなくなって経営破綻する企業が増えてきます。

すでに米国ではわずか2週間で失業保険申請を行った人が1千万人にのぼり、人手不足の状況が一転して大量失業の不安に襲われています。日本でもやや遅れて「雇い止め」「内定取り消し」「首切り」が出るようになりました。

今後感染が拡大して、失業、倒産が増えてゆくと、景気の下げ止まりの前に、さらに階段状に低下するリスクが高まります。

先進国ではいずれ感染拡大がピークを打ち、その後感染者数、死者の数が減少して落ち着きを取り戻す局面が来ると見られますが、ドイツのメルケル首相は国民の6割から7割の感染が避けられないと言います。

国民の多くが感染済みで抗体を獲得するまでにはまだかなりの時間がかかります。その間、国民の間に不安が払しょくされない中では、先進国経済で見ても、L字型の景気低迷が続く可能性があります。

Next: 第2に、先進国で感染拡大が収束に向かっても、途上国での感染が――

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー