人民元が主要通貨になっても、「国際金融資本」は中国を見捨てる

 

中国はなんと、アメリカの外交政策を180度転換させることに成功したのです。

ここまでで、米中関係についてわかることはなんでしょうか?

  1. 中国を育てたのは、確かにアメリカである
  2. しかし、ソ連崩壊で、アメリカは中国と和解しつづける意味を失った
  3. それで、米中関係は悪化していた
  4. しかし、中国はロビー活動により、米中関係を好転させることに成功した

米中和解、アメリカ側のロジックは、

・1970~1991年=ソ連に対抗するため

から

・1993年~=世界一の巨大市場中国で儲けましょう

に変わりました。

誰でも「儲けたい」ですから、アメリカ側のロジックも理解できます。

なぜ国際金融資本は、中国が「覇権国家」になるのを容認しないのか?

とはいえ、「中国は、国際金融資本のいうことをいつまでも聞きつづける」、だから、「中国が覇権国家になっても、別に構わない」というのは違うと思います。

なぜでしょうか?

国際金融資本」は、「軍事力」をもたないからです。

この世界、主なパワーの源泉は、「金力」と「軍事力」です。

国際金融資本は、「金」をもっている。

そして、覇権国家アメリカの政策を動かすことで、事実上「軍事力」ももっているともいえます。

しかし、もしアメリカが没落し、中国が覇権国家になったらどうでしょうか?

つまり、軍事力で中国がアメリカを圧倒したらどうでしょう?

この時、中国が、「国際金融資本」のいうことを聞く理由はないのです。

「儲けたければ、中国のいうことを聞け!」となるに決まっています。

つまり、「軍事力」の裏付けがなくなった「国際金融資本」が中国を支配しつづけることはできないのです(そうなれば、儲けつづけることも無理)。

ですから、「国際金融資本は国家を超越する」というのは「相対的真実」にすぎません。

ロスチャイルド家の後ろには、覇権国家イギリスがいました。

ロックフェラー家の後ろには、覇権国家アメリカがいる。

それが、彼らのパワーの源泉なのです。 

print
  • PR 我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    (PR:株式会社ウェイブダッシュ)

  • 人民元が主要通貨になっても、「国際金融資本」は中国を見捨てる
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け