中国の野望をくじくため、米国は「辺野古」を捨て石にする

shutterstock_72362269 copy
 

南沙諸島などを舞台に緊張感が増しているアメリカと中国。2つの大国が覇権を争ってにらみ合いを続ける中、米国側にとって対中国の重要な軍事拠点となっているのが沖縄です。一般的には、市街地にある普天間基地の代替地として辺野古への基地移設が進んでいると思われていますが、メルマガ『国家権力&メディア一刀両断』は、「そんな政府の説明を信じる人間は無知だ」と断じ、米国が辺野古移設や集団的自衛権を強引に推し進める「真の思惑」を暴露しています。

辺野古基地建設は対中戦のためなのか

闇の魔法使い「ヴォルデモート」。ハリー・ポッター最大の強敵だ。

中国米国軍事計画部門におけるヴォルデモートである」。そう指摘するのは、アメリカの米海軍大学教授、トシ・ヨシハラとジェームズ・R・ホームズの二人。

「なぜならちょうどハリー・ポッターの強敵の名称が声に出して発せられないように、アメリカの戦略家は中国の名前を、その結果を恐れるあまり、声に出す勇気が無いからである」

彼らが書いた「アメリカ流非対称戦争」と題する論文の一節だ。

訳者は海上自衛隊幹部学校の石原敬浩二等海佐。同校は旧海軍でいえば海軍大学校に相当する。もちろん海上自衛隊の最高教育機関で、上級指揮官や幕僚の育成を目的としている。

同校が発行する「海幹校戦略研究」(2012年5月)に掲載されたこの論文を読むと、米軍関係者が中国をどのような目で見ているか、その一端がよくわかる。

アメリカにとって、口に出すのは憚られるが、中国は恐るべき“魔法界の帝王”であるらしい。

ジャパンハンドラーとしても知られるハーバード大学特別功労教授、ジョセフ・ナイが、かつてこう語ったという。

「戦争はいかなる時に起こるか。超大国ナンバーワンが別の超大国ナンバーツーに追いつかれると思った時だ」

暗に中国を指して超大国ナンバーツーと言っている。得体のしれないものを秘めた大国だけに不気味である。

中国がパクス・アメリカーナを破壊するほどの超大国になるとまで筆者は思わないが、米国にしてみれば、経済的にも軍事的にも中国に追いかけられている悪夢を見ているのが、今の状況ではないだろうか。

米国軍事的に中国を抑え込みたい。とはいえ、経済的には仲良くやりたい

このジレンマをどう解決するか。その答えとして構想しているのが、沖縄など南西諸島での“限定的”な軍事作戦であるらしい。

元宜野湾市長、伊波洋一は言う。「辺野古新基地建設の真の目的は、南西諸島を対中国の戦場にすることだ」と。

たしかに、辺野古の基地計画は、当初とは大きく変わってきている。普天間基地にはない施設、たとえば弾薬搭載エリア、強襲揚陸艦の接岸場所、水陸両用訓練の斜路などがつくられるのだ。

つまり、より強力な前進展開基地になる。市街地にあって危険きわまりない普天間の代替基地、という政府の説明を信じる人は、無知か、よほど風変りな考えの持ち主だろう。

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 中国の野望をくじくため、米国は「辺野古」を捨て石にする
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい