「しばらくお待ちください」って言われた時、何分なら待てる?

Nagy-Bagoly Arpad / Shutterstock.comNagy-Bagoly Arpad / Shutterstock.com
 

突然ですが、飲食店などで「ただいま満席です。しばらくお待ち下さい。」にイラッとして「あと、どれくらい?」って聞き返したことありませんか? これってお店の対応としてはどうなんでしょう。戦略コンサルタントとして活動する中久保浩平さんの無料メルマガ『ビジネス真実践』では、お店側は具体的な目安を示すべきと伝えています。

お客様を待たせてしまうとき

飲食店に入って待たされるときに多く聞かれるのが、「ただいま満席です。しばらくお待ち下さい。」というフレーズ。

「しばらくってどれくらい?何分がしばらくなの?」なんて思ったことはありませんか?

「しばらくお待ち下さい。」とか「少々お待ち下さい。」普通に使われる言葉ですが、こうした対応というのは、実は親切な対応ではありません。

忙しい状況であるというのはお客様もわかるので、「待つ」ことに対して大きなストレスを感じることはありません。

ただ、”どれくらい待たなければいけないのかがわからないことに対して”ストレスを感じるのです。

そういわれても忙しいときに、あと何分何秒待てば席が空き、お通しできるなんてことは分かりませんよね。だから、「少々」とか「もうしばらく」としか言えません。

それも非常によく分かります。

それでも、おおよその目安でもいいので、お客様は「あと何分くらいか?」を知りたいのです。

正確にあと何分待てばOK、という答えを求めているのではありません。

要は、正確でなくても、具体的な目安が欲しいのです。

「あと、30分くらいはお待ちいただかないと……」「すいません、1時間くらいはお席をご用意できません。」など、具体的なことを示して欲しいのです。

そういった対応をしてくれれば、お客様は判断をしやすくなります。「あと30分くらいなら、待つことにするよ。」「1時間かぁ。1時間なら、今日はやめとくよ。」

このことによって、待つにしろ待たないにしろお客様は時間を無駄にすることはないのです。

>>次ページ 30分後に席が空かなかったらどうする?

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 「しばらくお待ちください」って言われた時、何分なら待てる?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい