もはや外国語学ぶよりコーディング。米国で始まる新「言語」教育

2016.03.17
127
shutterstock_230086324 copy
 

アメリカでは、これまで高校の卒業必修科目であった「外国語」のコースに替わって、「コーディング」のコースを必修科目とする法案がでています。今後ますますコンピューター・サイエンスの需要が高まりそうです。いま、アメリカで何がおこなわれているのでしょうか?

外国語よりもコンピューターサイエンスの教育に投資を

第二外国語といえば、英語教育の水準が他の先進国よりも低く、その教育方針が常に課題となっている日本ですが、アメリカでは外国語教育よりも「別の言語の教育に力を入れ始めているインディペンデント紙が報じています。

フロリダ州の政治家は学生たちに外国語よりもコーディングを学ぶことを、新たな教育の法案として提出しました。

その法案というのが、上院法案468「コンピューター・コーディング・インストラクション」。

高校生を対象に、卒業に必要な2年間の外国語のコースの代わりに、2年間のコンピューター・コーディングのコースを許可するというもの

このコースを受ける者はフロリダ州がおこなっている奨学金プログラム“Florida Bright Futures Scholarship Program”を受ける資格を得るために、最低でも2つのコーディングコースを取る必要があるようです。

元YahooのCEOのJeremy Ring氏が提案した本案については、フロリダ州タラハシー市の議員たちもおおむね賛成のようで、この新たな教育方針の体制受け入れの準備に入っています。

現代のテクノロジー時代において、外国語の勉強よりも新たな世界の共通語により力を入れていくべきだという考えにシフトしているようです。

これはフロリダ州だけに留まらず、オバマ大統領ですら、出演したラジオの中で、コンピューターサイエンスという分野に対して「3つのR」であるReading、Writing、Arithmetic(算数) の取り組みを押し薦めているというのですから、州内だけでの拡がりではなく、国家単位で動き出しているともいえそうです。

また各州議員たちの中で「外国語の教育は必須である」という既存の観念にも「ぐらつき」が出ているようで、ケンタッキー州、ジョージア州、ニューメキシコ州、オレゴン州、そしてワシントン州においても外国語に代わるコンピューター言語への期待が高まってきているようです。

発案者本人である民主党の上院議員である元Yahoo CEOのJeremy Ring氏は、「これまで学生たちにとっては“選択教科”でしかなかったコンピューター・サイエンスに力をいれ、外国語は卒業証明書の必須科目として必須ではない」と主張。

この動きは特殊な状況にある学生にとってもこれは朗報となりそうです。

同紙によると、Andrew Ladanowskiさんの息子Jeremyは言語失行症であり、言葉を発する事や発音が困難であるため、外国語の授業では良いグレードを取る事が難しいと語っています。

「良い成績を取れないとわかっている教科に、息子がエネルギーを注ぐ余裕はないよ。サイエンスやテクノロジー、算数でグレードのAやBを維持しないとね。外国語の勉強に全力を注いだとしても、低いグレードだと大学に行けるチャンスまで逃してしまう可能性があるから心配だよ」。

print
いま読まれてます

  • もはや外国語学ぶよりコーディング。米国で始まる新「言語」教育
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け