【書評】2049年に達成か。中国が米国に仕掛けた「100年越しの罠」

shutterstock_400414588
 

「中国に協力をするようアメリカ政府に促したのは全て過ちだった!」。無料メルマガ『Japan on the Globe-国際派日本人養成講座』では、中国研究の専門家で長年アメリカ政府の対中政策に関わってきたマイケル・ピルズベリー博士の衝撃的な暴露本『China2049 秘密裏に遂行される「世界覇権100年戦略」』を紹介しています。中国が企む「野望」と米国を騙した手口、そして日本の行く末は…?

中国「100年マラソン」の野望

過去30年にわたって中国専門家としてアメリカの歴代政権の対中政策に関わってきたマイケルピルズベリー博士が著書『China2049 秘密裏に遂行される「世界覇権100年戦略」』で、自分がいかに中国に騙されていたかを赤裸々に語って、話題を呼んでいる。

わたしは、1969年に中国との連携を後押しする最初の情報をホワイトハウスに提供したひとりなのだ。以来、数十年にわたって、技術と軍事の両面で中国を援助することを両党の政権に促してきた。

 

その間を通じてわたしは、アメリカのトップレベルの外交官と学者が共有する仮説をすっかり信じ込んでいた。…すなわち、「中国は、わたしたちと同じような考え方の指導者が導いている。脆弱な中国を助けてやれば、中国はやがて民主的で平和的な大国となる。しかし中国は大国となっても、地域支配、ましてや世界支配を目論んだりしない」というものだ。…

 

こうした仮説は、すべて危険なまでに間違っていた。現在、その間違いが、中国が行うこと、行わないことによって日に日に明らかになっている。

(p 162)

1人の専門家が、これほど率直に、かつ1冊まるまるを使って自らの過ちを世に公表した事はかつてあっただろうか。文章は冷静で淡々としているが、紙背からは、30年も中国に騙されていた責任を痛感し、まだ間に合ううちに世界の人々に真実を知らしめたい、という静かな執念が感じられる。

「100年マラソン」

博士が「危険なまでに間違っていた」と悟ったのは、次のような経緯だった。

1990年代後半のクリントン政権下で、博士は国防総省とCIAから「中国のアメリカを欺く能力とそれに該当する行動について調べよ」と命ぜられた。そこで諜報機関の秘密資料にあたったり、中国の反体制派をインタビューするうちに、従来の「中国の平和的な台頭という仮説とは矛盾する事実が続々と出てきた。

やがて見えてきたのは、タカ派が、北京の指導者を通じてアメリカの政策決定者を操作し、情報や軍事的、技術的、経済的支援を得てきたというシナリオだった。これらのタカ派は、毛沢東以降の指導者の耳に、ある計画を吹き込んだ。

 

それは「過去100年に及ぶ屈辱に復讐すべく、中国共産党革命100周年にあたる2049年までに、世界の経済・軍事・政治のリーダーの地位をアメリカから奪取する」というものだ。この計画は「100年マラソン」と呼ばれるようになった。共産党の指導者は、アメリカとの関係が始まった時から、この計画を推し進めてきたのだ。

(p 281)

中国はアメリカの伴走者を装って助けて貰い、十分力をつけてから最後のラストスパートでアメリカを抜き去って勝者としてゴールインする、という戦略なのである。

print

  • 【書評】2049年に達成か。中国が米国に仕掛けた「100年越しの罠」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け