ヒラリー、トランプどちらが当選してもNo?TPPは結局どうなるのか

shutterstock_436568977
 

アメリカ主導で日本も交渉に参加したTPPですが、今も国内では多くの組織、特に農業団体の反発が続いています。しかし、ここに来て米大統領候補の2人がTPPに否定的な姿勢を取り始めました。はたしてその行方は? 無料メルマガ『ジャーナリスト嶌信彦「時代を読む」』では、日本政府が今後取るべき政策・姿勢について言及しています。

TPPの離脱問題

本日はTPPの問題を取り上げたい。このところTPPを巡り、アメリカ大統領選の中でも問題になってきている。オバマ大統領は残る任期の7ヵ月間の間にTPPを批准しようとしているが、次の候補者であるトランプ氏は「TPPはアメリカの製造業に打撃を与える」と離脱を表明。もう1人の候補であるクリントン氏当初TPP交渉の継続を支持し、オバマ大統領を応援すると言っていたが、「Noを突き付ける。再交渉すべき」と言い始めている。当初から心の中では賛成ではなかったようで、今回の発言につながっているようだ。

理不尽なアメリカ

農業団体からの圧力もあるだろうし、選挙が近づけば近づくほどそういったところからの影響は大きいのだろう。これまで6年間アメリカが旗を振ってTPPを進めてきたが、今後どうなっていくのか。TPPは当初、ペルーなどが検討し始め、アメリカが主導権を取るべくドンドン出てきた。最後の日本とアメリカの交渉ではフロマン氏がさまざまな嫌味を言い、甘利氏もいい加減顔を見るのも嫌だという状況になりながらもようやく決着した。あとは各国が批准をすればいいというところまで来ているにも関わらず、アメリカの次の大統領候補が2人とも先に述べたような状況で、アメリカは本当に理不尽だと感じる。

トランプ、クリントンへの歯止め!?

各国首脳も大変懸念している状況。オバマ大統領はカナダ、メキシコの3カ国で首脳会談を開催し、「貿易協定から撤退し、自国の市場にだけ集中するというのは誤った処方箋だ。みんなを貧しくするだけだ」とTPPを推進すると言っている。さらにカナダのトルドー首相は「貿易は技術を革新し雇用を創出する」、メキシコのペニャニエト大統領は「孤立主義は解決策にならない」と考えが一致した。これはトランプ氏やクリントン氏に一種の歯止めをかけにいったものだと思う。

print

  • ヒラリー、トランプどちらが当選してもNo?TPPは結局どうなるのか
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け