家事を手伝ってるのに、なぜ? 妻が夫にマジ切れする意外な理由

shutterstock_264469370 (1) copy
 

「アイツも疲れてるだろうし、たまには手伝うか…」そんな夫の優しさから始まった家事の手伝い。なのに、いざやり始めたら妻は目を吊り上げてガミガミとダメ出し。「もう金輪際、手伝ってやるものか!」そんな悲しい結果を生まないために、メルマガ『そうだったのか! この違いがわかれば、きっと許せる「男女の違い105」』では、家事分担の秘訣について詳しく紹介しています。

夫(男性)に、家事をどう頼むか

97号「キレる妻の根っこにある思いとは?」の紹介後、何人かの方から、メールをいただきました。(メール内容は一部抜粋。「楽になろっ!」相談室にきているメール、取材含める)

まさに「不公平感」でいっぱい。片付けを頼むと「疲れている」と怒り出すので頼むのも辛い。疲れているのは私も同じ。この頃は、腹が立つので口もきかない。でも、そうしても、夫には何の不自由もない、悔しい…(36歳/子ども2人)

 

そうだ「不公平感」だと合点しました。そして、夫に家事をしてもらう方法を考えようと思いました。私もフルタイムの仕事をしていますから。ただ、いつも家事を手伝ってやっているオーラがあり、それを見ると他人事なのだと思え、カチンときます(42歳/子ども1人)

また、男性から、こんなメールもありました。

いつもイライラして、怒ったような口調で話すのが、不公平感からかもと、妻の気持ちがわかったが、ただ、手伝おうにもどう手伝っていいかわからない。手伝っても文句を言われるだけですし、挙げ句には、もうやらなくていい、手を出さないで、なんて言われるし。妻のイライラは、直らないのでしょうか

まとめると、

妻(女性)たちからは、不公平感について「その通りだ」、でも、だからといってどうしていいかわからない。

夫(男性)たちからは、妻(女性)の不公平感はわかったが、それにどう対応すればいいかわからない。

と、うまくやっていきたいという気持ちはあるのですが、「どうしたらいいかがわからない、というメールが多かったです。

「脳にも違いがあるとすると、無理なのでは?」というご意見もありました。

なんとか、ならないものでしょうか…。

なんとかするべく、今号は、家事の頼み方、やり方などを取り上げてみました。

さて、今号のキーワードは、

■男性 他人事、一部作業

■女性 日常事、全体作業

自分たちとは違うよ~と思われる方もおられると思いますが、何かの参考にしていただければ幸いです。<(_ _)>

print

  • 家事を手伝ってるのに、なぜ? 妻が夫にマジ切れする意外な理由
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け