ここに来てなぜ、トランプの評判がガタ落ちしているのか?

kitano20160819
 

11月に控えた米大統領を前に、ヒラリー、トランプ両陣営の情報戦が激化しているようです。そんな中で飛び出した、CIAのモレル元副長官の「トランプ氏は無自覚なロシア諜報員」という発言。無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者・北野幸伯さんはこの爆弾発言を取り上げ、トランプ氏とロシアのプーチン大統領との関係性について分析しています。

トランプは、ロシアの諜報員?(元CIA副長官の発言)

世界最大の「リアリティー・ショー」といえば、アメリカ大統領選挙。民主党ヒラリーさんと共和党トランプさんの戦いになっています。アメリカのエリート層とメディアは、皆ヒラリーさん支持。熱心に「トランプ叩き」をしています。最近は、「トランプがプーチンと協力する意向を示していることが非難の対象になっています。

トランプはロシアの諜報員?

CIAの元副長官モレルさんは、最近こんな爆弾発言をしました。

「トランプ氏は無自覚なロシア諜報員」 元CIA副長官

朝日新聞デジタル8月6日(土)18時1分配信

 

「トランプ氏は無自覚なロシア政府の諜報(ちょうほう)員だ」──。

 

米中央情報局(CIA)のモレル元副長官は5日付の米紙ニューヨーク・タイムズに寄稿し、共和党の大統領候補となったトランプ氏を強烈に批判した。「大統領に不適格なだけでなく、国の安全保障を危険にさらす」とも警告した。

「え~~~!? トランプさんて、ロシアの諜報員なの???」

しかも、語っているのが、CIAの元副長官

「信ぴょう性あるに違いないぜ~~~」

しかし、「無自覚な」という言葉が重要です。何でしょう?

旧ソ連の国家保安委員会(KGB)出身のロシアのプーチン大統領について「個人の弱点を特定、利用するよう訓練された諜報員だ」とし、プーチン氏を持ち上げる発言をしてきたトランプ氏を「プーチン氏の計算通りに反応している」と指摘した。
(同上)

ほほお~。要するに、トランプさんは、直接的にロシアの諜報員ではないが、プーチンによって遠隔操作され、「プーチンの意志どおりに動いていると。だから、トランプさん本人は気づかずに(無自覚で)「ロシアの諜報員のようになっている」という意味。

これ、どうなんでしょうか?

print

  • ここに来てなぜ、トランプの評判がガタ落ちしているのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け