たった15年。なぜアメリカは9.11以後、落ちぶれてしまったのか?

 

15年ですべてが変わる

9.11が起こった15年前、アメリカは、「絶頂期の終わりのはじまり」にいました。そして、15年経った今、アメリカは、大統領が「世界の警察官ではない!」と宣言するほど、落ちぶれました

日本はどうでしょうか。2001年、小泉さんが首相になりました。当時の熱狂はすごかったですね。09年に民主党政権が生まれた時も、盛り上がりました。

15年で個人も国もすべてが変わります。良い方にも変わりますし、悪い方にも変わります。ただ良い方向に変わるためには、「良いビジョン」が必要ですね。日本にはそれがないので、15年間、GDPもその他のことも、ほとんど変わっていない気がします(ちなみに2001年のGDPは505兆円、2015年は499兆円!)。

image by: Flickr

 

ロシア政治経済ジャーナル
著者/北野幸伯
日本のエリートがこっそり読んでいる秘伝の無料メルマガ。驚愕の予測的中率に、問合わせが殺到中。わけのわからない世界情勢を、世界一わかりやすく解説しています。
<<登録はこちら>>

print
  • PR 我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    (PR:株式会社ウェイブダッシュ)

  • たった15年。なぜアメリカは9.11以後、落ちぶれてしまったのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け