韓国国民だけでなく、米中からも嫌われた朴大統領の失態

shutterstock_561817636
 

数々のスキャンダルでレームダックと化した韓国の朴槿恵大統領。最新の調査では支持率4%とも言われています。そんな朴大統領、外交でも大きな過ちを犯していたようです。無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者・北野幸伯さんは、朴政権が長年行ってきたバランス外交は「二股外交」に過ぎないと指摘し、米中から見放されてしまった失敗の要因について考察しています。

韓国・朴大統領、辞意表明~二股外交の結末

皆さんご存知だと思いますが、韓国の朴大統領が辞意を表明しました。

万策尽きた朴大統領 特異な政治手法、知人らの介入招く

朝日新聞デジタル11/29(火)15:11配信

 

韓国の朴槿恵(パククネ)大統領が29日、本来は2018年2月までだった任期の短縮に応じる考えを表明した。大規模な抗議集会や低支持率、検察捜査などで苦しむなか、国会による弾劾(だんがい)手続きが目前に迫っていた。ここにきて、与党セヌリ党の「親朴派」議員らも離れ、万策尽きた形になった。

シャーマンのチェ・スンシルさんが国政に深く関わっていたことは、日本でも広く報じられています。今回は、朴さんの外交を振り返ってみましょう。

「反日統一共同戦線」に参加した韓国

08年9月、リーマンショックから「100年に1度の大不況」が始まった。これで、世界中の国々が、「アメリカの一極支配体制は終わった!」と認識しました。そして、「中国の時代がやってくる!」と。

そんな世界情勢を反映し、日本でも09年、親米の自民党が沈み、親中の民主党が政権をとった。韓国でも、朴さんの前任の李さんは、親米から親中に移行していきます。この方、2012年8月、

  • 竹島に上陸した
  • 「日王が韓国に来たければ謝罪しろ!」と発言した

ことで、日韓関係を破壊します。

翌2012年9月、日本政府は尖閣を国有化。日中関係が戦後最悪になった。2012年11月、中国はモスクワで、ロシア、韓国に「反日統一共同戦線」結成を提案。プーチン・ロシアは、この話に乗らず。しかし、韓国は喜んで反日統一共同戦線に参加することにした。とはいえ、李大統領の任期は終わりに近づいていました。「反日運動」は、次の朴槿恵さんに引き継がれます

print
いま読まれてます

  • 韓国国民だけでなく、米中からも嫌われた朴大統領の失態
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け