大量閉鎖のイトーヨーカドー、懐かしの鳩マーク復活で再起できるか

shutterstock_136458284
 

物が売れないと言われる昨今、セブン&アイホールディングスは創業者の次男を取締役に迎え、ハトのマークをイトーヨーカ堂の看板に復活させるなど、原点に立ち返ってこの苦難を乗り越える姿勢を見せています。はたして同社は再び飛翔することができるのでしょうか。無料メルマガ『店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業』の著者で店舗経営コンサルタントの佐藤昌司さんが、イトーヨーカ堂の創業から現在までを振り返るとともに、同社の将来を占います。

イトーヨーカ堂のハトのマーク復活で業績は回復するのか

佐藤昌司です。3月20日、「イトーヨーカドー上大岡店」が閉店しました。1974年に開業し40年以上の歴史がある店舗ですが、先日幕を閉じました。同時にデニーズの日本1号店「デニーズ上大岡店」も閉店しました。二つは同じセブン&アイグループの一員です。

セブン&アイホールディングス(HD)はイトーヨーカ堂の新規出店を抑制し、不採算店舗や老朽化した店舗を中心に20年2月期までに40店を閉鎖すると発表しています。ヨーカ堂創業の地にある東京都の北千住店が昨年4月に閉店したことが印象的でしょう。

ヨーカ堂は変わりつつあります。2017年3月21日付朝日新聞は「イトーヨーカ堂は、スーパーの屋上などに掲げる大型看板の『ハトのマークを復活させる」と報じました。これまでは、店の大型看板はほぼ全店でセブン&アイHDのマークを使用していましたがそれを改めます

今3月から、創業者・伊藤雅俊氏の次男の伊藤順郎氏がヨーカ堂の取締役に就任しました。伊藤順郎氏はセブン&アイHDの取締役常務執行役員にも就いています。ヨーカ堂とセブン&アイHDの両方で創業家への回帰を鮮明にしています。ハトのマークの復活も創業家回帰の動きといえるでしょう。

ヨーカ堂のハトのマークに愛着を覚えている人は少なくないのではないでしょうか。総合スーパーの雄としてかつて君臨していた時のイメージを思い起こさせてくれます。

print
いま読まれてます

  • 大量閉鎖のイトーヨーカドー、懐かしの鳩マーク復活で再起できるか
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け