韓国に10年遅れ。低レベルすぎる日本のサイバー・セキュリティ

shutterstock_275515448
 

先日行われたハッカーの世界大会で、15歳の日本人少年が3位入賞を果たしました。が、実はこれ、「オープン戦」の結果で、日本は本戦に1チームも出られないという体たらく。軍事アナリストの小川和久さんはメルマガ『NEWSを疑え!』の中で、「少年の3位入賞は喜びたい」としながらも、日本のサイバー・セキュリティ水準の低さを指摘しています。

15歳天才ハッカーの上位入賞を喜びたいが

ちょっと嬉しいニュースが8月28日の読売新聞の「顔」に載りました。

● 清水郁実(いくみ)さん 15 ハッカーの世界大会で3位入賞を果たした中学3年生

 

毎夏、米ラスベガスで開かれる世界最大のハッカーの祭典「DEFCONデフコン」。その目玉イベントのハッカー大会(オープン戦)で3位入賞を果たした。プログラミングや暗号解読などの腕と知識を150人以上の大人たちと競って勝ち上がったが、「そのつもりで来ていたのでほっとした」。笑顔には余裕さえ漂う。

 

日本では「天才ハッカー少年」と呼ばれることも。3歳で携帯メールに興じた。今は、大学生や社会人も入るハッカーチームのリーダーを務め、年10回ほど各地の大会に遠征する日々。東京の有名進学校に通うが「学校の勉強は得意じゃない」とか。それでも、父親の誠さん(43)は「好きなことを思いっきりさせたい」とエールを送る。

 

セキュリティ人材が8万人足りないとされる日本。かたや隣の韓国では国を挙げてハッカーの英才教育制度を導入している。今年、デフコンの中でもさらに難易度の高い本戦で優勝したのは、その制度のOBたちの韓国チームだ。日本は本戦には1チームも出られなかった。「いつか本戦で上位を目指す」。ちょっとたくましい表情を見せた。(若江雅子)

これまでメルマガでも取り上げてきましたが、日本のサイバー・セキュリティのレベルは「技術大国」「技術立国」の看板とは裏腹に、驚くほど低く、2003年に政府の委託で調査したときは「米国に20年、韓国に10年ほど遅れている」と結論せざるを得ませんでした。

技術的には米国に2~3年の遅れなのですが、いったん水準を上げると安住してしまう日本に対して、世界の先進国は常に最高水準を目指しています。ドッグイヤーのように1年の遅れが7年の遅れを意味する、つまり3年の遅れは20年の遅れにつながりかねず、日本の低迷ぶりは目を覆わんばかりのものがあった訳です。

印刷する

 

 

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 韓国に10年遅れ。低レベルすぎる日本のサイバー・セキュリティ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい