トランプ金正恩会談「ダマされるから会うな」が大間違いな理由

shutterstock_353101001
 

アメリカは3月9日に緊急発表を行い、北朝鮮の金正恩氏がトランプ大統領に会談を申し入れ、これにともなって今後の弾道ミサイル開発も中止する意向だということを公表しました。5月までには会談を実現させる方向だという、米朝の二国。はたして、この電撃発表に「裏」はないのでしょうか? 無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者で国際関係アナリストの北野幸伯さんが、その真の意図を探るとともに、日本の立ち位置についても提言しています。

なぜトランプ―金正恩会談は、「論理的」に「当然」なのか?

皆さんご存知だと思います。トランプさんが、金正恩と会うそうです。

正恩氏「会いたい」トランプ氏「よし、会うぞ」 読売新聞 3/9(金)18:58配信

【ワシントン=大木聖馬、ソウル=中島健太郎】トランプ米大統領は8日、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長からの要請を受け、5月までに会談する意向を明らかにした。実現すれば、初の米朝首脳会談となる。米朝間の軍事衝突への発展も懸念されている北朝鮮の核・ミサイル問題が転換点を迎える可能性がある。

どんな感じで、会うことが決まったのでしょうか?

トランプ氏は8日、ホワイトハウスで、文在寅(ムンジェイン)韓国大統領の特使として正恩氏と会談した鄭義溶(チョンウィヨン)国家安保室長、徐薫(ソフン)国家情報院長と面会した。韓国大統領府報道官によると鄭氏は、「トランプ大統領と可能な限り早い時期に会いたい。直接会って話をすれば、大きな成果を出すことが出来る」とする正恩氏の発言を口頭で伝えた。トランプ氏は、大きくうなずきながら「よし、会うぞ」と即答したという。
(同上)

これ、トランプさんが自分で即決したのですね。日本の政治家の中には、「事前に相談がなかった」と憤慨している人もいるようです。しかし、「憤慨マター」ではありません。トランプさん以外の人は誰も知らなかったのですから。トランプさん自身も、こういう展開になるとは思っていなかった可能性が高い。

ところで、トランプー金正恩会談について、「どうせだまされるだけだ! だから、会う必要はない!」と思っている人は、たくさんいることでしょう。

「どうせだまされるだけだ!」について。これまでの北朝鮮の行動を見ると、そう思う気持ちはわかります。しかし、だからといって、「会う必要はない!」という話にはなりません。なぜ??

印刷する

人気のオススメ記事

  • トランプ金正恩会談「ダマされるから会うな」が大間違いな理由
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい