なぜ人々は「小京都」より「小江戸」に行きたくなるのか?

shutterstock_403308094 (1)
 

日本の観光地によく使われる「小京都」や「小江戸」というキャッチコピー。多くの観光地が謳うこの2つのワードですが、 無料メルマガ『繁盛戦略企画塾・『心のマーケティング』講座』の著者で繁盛戦略コンサルタントの佐藤きよあきさんは、観光地としては「小江戸」に軍配があがるとしています。その根拠はどこにあるのでしょうか

「小京都」VS「小江戸」。集客力が高いのはどっち?

全国京都会議」という組織をご存知ですか。全国各地の小京都が集まり、「小京都」としてのあり方などを話し合う会合です。年会費も納める正式な組織です。

秋田県湯沢市、栃木県佐野市、岐阜県郡上市、兵庫県豊岡市など、全国で45以上の都市が加盟しています。「以上」という曖昧な表現をしているのは、加盟や脱退による増減が繰り返されているからです。

この組織に加盟するには、条件があります。

  • 京都に似た自然景観・町並み・佇まい
  • 京都と歴史的な繋がりがある
  • 伝統的な産業・芸能がある

この3つの内、どれか1つに合致しており、年1回の総会で承認された都市だけが、加盟を許されるのです。

加盟しなければ、「小京都」を名乗れないというわけではありませんが、一応の“お墨つきのようなものです。堂々と「小京都」を名乗り、「小京都」連合でPRすることもできます。承認制や年会費を取るあたりに、やや権威主義を感じますが、それでも「小京都」を名乗ることに集客力があると見込んで、加盟するのでしょう。女性は「京都」が好きです。

「小京都」と同じような表現で「小江戸」があります。ご存知のように、江戸に似た町並みに風情がある観光地に使われる名称です。

埼玉県川越市が代表的であり、栃木県栃木市、千葉県香取市、神奈川県厚木市、滋賀県彦根市などがあります。「江戸との関わりが深い町」であったり、「江戸の風情を残す古い町並み」が、「小江戸」と呼ばれています。この「小江戸」たちに、正式な組織はないものの、「小江戸サミット」という会議を開き、PR方法などを話し合っています。

印刷する

人気のオススメ記事

  • なぜ人々は「小京都」より「小江戸」に行きたくなるのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい