ネットに負けるハズがない。リアル店舗がまだまだ生き残れる訳

shutterstock_714967342
 

ネットショップの台頭で、リアル店舗が窮地に立たされていると言われる昨今。もう何も手立てはないのでしょうか? 無料メルマガ『がんばれスポーツショップ。業績向上、100のツボ!』の著者・梅本泰則さんは、「ネットショップにできない強みを持てば必ずお客様は戻ってくる」と、リアル店舗の生き残る術を伝授しています。

嬉しいお客様の声

知人から、こんなメールがありました。

この間、うちの娘(中2)が陸上のジョギングシューズを買いに近所のスポーツ店に行きました。お相手をしてくださったのは、以前買ったときにもアドバイスをくれた店員さんでした。娘を見てももちろん思い出せないでしょうが、なんと、古びたクツを出したとたんに、「あ、このクツは、1年前にこのあたりに置いてあったクツで、そのとき買ってくださったんですね」と。

娘ももう、ビックリ。時期から値段から、そのクツをすすめた背景まで覚えているんですね。その方が薦めた次のクツを買ったのは言うまでもありません。A社製のフィット感のいい靴になって喜んでいる、娘の記録が少しでも伸びると嬉しいです。お店のこだわりがスタッフに浸透しているのを感じました。

この「近所のお店」にとって、何とも嬉しい「お客様の声」です。一方、お客様にとっては、「なくてはならないお店」なのだと思います。

あなたのお店にも、きっとこんな声がたくさん届いていることでしょう。そして、この嬉しいメールの中から、いくつかのことが読み取れます。

・このお店は、スタッフの教育に熱心である
お客様のことを覚えるという文化がある
・「記録をのばす」というお客様のニーズを理解している
・スタッフは高い商品知識を持っている
お店が目指すところを、スタッフが分かっている

私は、このようなことを読み取りました。どれも、繁盛店としての必要なことばかりです。きっとこのお店は繁盛しているに違いありません。

印刷する

人気のオススメ記事

  • ネットに負けるハズがない。リアル店舗がまだまだ生き残れる訳
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい