なぜトランプはイランが飲むはずない無茶な要求を突きつけるのか

 

● 負け組1 = イラン

2016年、せっかく制裁を解除されたイラン。またもや制裁時代に逆戻りです。深刻な経済危機に見舞われ、国内政治が不安定化する可能性が高い。アメリカの挑発に乗って戦争になれば、体制崩壊はまぬがれないでしょう。

● 負け組2 = アメリカ

トランプは勝ち組なのに、アメリカは負け組? どういうことでしょうか? まず、北朝鮮核問題とイラン核問題は、根本的に違います。北朝鮮は、すでに核兵器を持っている。イランは核兵器をもっていない。そして、何よりも国際原子力機関(IAEA)が「イランは核合意をきっちり履行している!」と宣言し、アメリカの決定に反対している。

今のアメリカは、「イラク戦争直前」の状態に似ています。02年、フランス、ドイツ、ロシア、中国は、「イラクを守ること」で心を一つにしていました。そして、国連安保理で拒否権を持つフランス、ロシア、中国は、はっきりとイラク戦争に反対。結果、アメリカは、安保理を無視して、開戦に踏み切った。しかも、その理由、「イラクには大量破壊兵器がある」「イラクはアルカイダを支援している」は、両方とも「大嘘」だった。それで、「正義の味方アメリカの権威は大いに失墜しました。

ソロスは04年、「イラク戦争で、アメリカは没落する」と予言した。リアリスト神ミアシャイマーは、イラク戦争に反対だった。世界一の戦略家ルトワックは、「イラク戦争は、真珠湾攻撃に匹敵する戦略的過ち」と語っている。

これから、アメリカは、イランと戦争をするのでしょうか? その時、アメリカの「イラン核合意離脱」に反対している欧州(NATO加盟国でもある)は、イラン戦争を支持するのでしょうか? もし、欧州が反対にまわれば、NATOは深刻な危機に陥ります。

いずれにしても、国際機関IAEAが、「イランは悪くない」と擁護している中、アメリカだけが、「いやイランは悪だ」と主張している。このことは、アメリカに深刻な長期的打撃を与えるでしょう。

image by: Flickr

北野幸伯この著者の記事一覧

日本のエリートがこっそり読んでいる秘伝のメルマガ。驚愕の予測的中率に、問合わせが殺到中。わけのわからない世界情勢を、世界一わかりやすく解説しています。まぐまぐ殿堂入り!まぐまぐ大賞2015年・総合大賞一位の実力!

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 ロシア政治経済ジャーナル 』

【著者】 北野幸伯 【発行周期】 不定期

print

  • なぜトランプはイランが飲むはずない無茶な要求を突きつけるのか
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け