【書評】霞が関は嘘ばかり。財務省が使うマスコミという名の犬

0829_creater
 

「日本の財政は先進国最悪」と財務省やマスコミは声を大にして喧伝しています。しかし、今回の無料メルマガ『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』で編集長の柴田忠男さんが紹介している書籍の著者・高橋洋一氏は、「それは完全なフェイクニュースである」と断言、そのからくりを暴露しているのですが…、私たち国民は、官僚とマスコミにかかればたやすく騙されてしまうようです。

51En8d4IiSL

「官僚とマスコミ」は嘘ばかり
高橋洋一・著 PHP研究所

高橋洋一『「官僚とマスコミ」は嘘ばかり』を読んだ。著者は大蔵官僚そして財務官僚、首相官邸の仕事をしてきたので、「ニュースが、いかにつくられるか」については、多くの事例を見てきた。また、自身が当事者として「ニュース・ソースになる=ニュースをつくる立場」だった経験からいうと、ニュース報道の作り手と受け手が見る景色はまったく違うという。

実際に官僚や政治家が「マスコミ対策」としてどんなことをしているのか。ニュースはいかに「つくられる」のか。興味深い話が多い。しかもやさしい記述である。著者は大蔵省で初めてバランスシートを作った人で、中興の祖とも呼ばれているが、いまは在野でかつて知ったる大蔵省(→財務省)を厳しく斬る立場だ。

財務省が喧伝する「借金1,000兆円でGDP500兆円だから、債務残高対GDP比は200%」により、「日本の借金は先進国で最悪」「ギリシャより財政状況が悪い」などと報道が続くが、著者は完全なフェイクニュースであると断じる。財務省は国民に知られたくないことは、記者レクチャーをしない。そのためどの報道機関も報じない。じつは日本の財政状況は、財務省の言う先進国最悪どころかアメリカよりもいい

日本の「ネット負債(資産負債差)対GDP比」は87%くらいだが、それでもアメリカの方が常に比率が上で、アメリカの方が財政状態が悪い。悪いと言ってもどうという数字ではない。日本より財政の悪いアメリカが年17兆円の大減税をするが、問題になるレベルではない。国のバランスシートにおいては、負債のみでなく資産・負債両面を見ることが適切な会計フレームワークなのである。マスコミはそういう報道をしない。財務省がさせないからだ。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 【書評】霞が関は嘘ばかり。財務省が使うマスコミという名の犬
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい