考えるな、提供せよ。情報の発信がスンナリできるようになる方法

shutterstock_790043239
 

ネットの普及で「どれだけ情報を発信できるか」が重要となった現代。しかし、「どんな情報を発信すればいいのか?」という声も聞かれます。今回の無料メルマガ『販売力向上講座メールマガジン』では接客販売コンサルタント&トレーナーの坂本りゅういちさんが、そんな悩みから脱却するコツを紹介しています。

発信と提供

お店に限った話ではなく、今の時代は、どれだけ情報を発信できているかが、とても重要です。これだけ店が乱立している状態で、なおかつ、ネットの普及により、サービスも買い方も、選択肢が増えている状況では、情報を発信することで、まず自分たちを見つけてもらうことが必須条件となってきます。だからこそ、至る所で(私も含めて)、どんどん情報を発信していきましょうということが叫ばれ続けているわけです。

しかし、そうは言っても、なかなか情報発信がうまくできないという人や店は少なくありませんよね。

「どんな情報を発信すれば良いかわからない」
「発信しようと思っても、うまく情報が出せない」

そうして悩んでいる人はたくさんいます。個人的には、その気持ちもよくわかるのですが、それならいっそ、気持ちを切り替えたら良いんじゃないかと思うのです。つまり、情報を「発信するのではなくて、「提供するようにすれば良いのですね。

販売を経験したことがある方なら、ほとんどの人が、情報をお客様に提供することは得意中の得意です。この商品の何が良いとか、どこにこだわりがあるとか、そんなことを商品知識として沢山学んでいるのですから、本気で喋り出したら、止まらなくなる人もいます。もっと言えば、お客様にとって良い情報と思ったら、いくらでも、お伝えすることができるのです。

そして、それができるのならば、情報発信もその感覚でやればいいんです。

「この商品はこんなにお客様にとって良いんですよ」
「こういうメリットがあるから、知ってくださいよ」

と、情報を提供する気持ちで話し出したら、いくらでも伝えられることはありますよね? そういうことを、ただ発信すれば良いのです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 財布にレシートぎっしり…ズボラ男にありがちなコンビニでの迷惑行動
    財布にレシートぎっしり…ズボラ男にありがちなコンビニでの迷惑行動
    (三井住友カード)
  • 考えるな、提供せよ。情報の発信がスンナリできるようになる方法
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい