後ろを振り返れ。自身の成長を実感できるたった2つのポイント

shutterstock_572283166
 

ビジネスの現場で重要な役割を果たす「ふりかえり」。多くの企業が取り入れているこのふりかえりですが、ただ漫然と試みただけでは時間の無駄というものです。無料メルマガ『販売力向上講座メールマガジン』では著者で接客販売コンサルタント&トレーナーの坂本りゅういちさんが、自身も実践しているという「質の高いふりかえり」をする方法を記しています。

ふりかえりで実感するために

自分自身が成長できているかどうか。これを、自分が理解できているかどうかは、とても重要なことです。自分が成長している部分がどこかがわからないと、いつまでも同じところで止まってしまう可能性がありますし、一向に成長が実感できずに、自信が生まれなくなってしまいます。

ですから、過去の自分と比べて、どこがどう成長をしたかは、必ずあるタイミングでふりかえりをしていかなければいけません。そのタイミングは、ご自身のタイミングで良いと思います。毎年、年が終わる度にふりかえってみるでもいいし、3ヶ月ごととか、1ヶ月ごととか、細かく刻んでいくのも良いでしょう。

大事なのは、それよりも、質の高いふりかえりをきちんとしていくこと。何となく、「できるようになった気がするなぁ」ではなくて、もっと正確に明確にできるやできないを把握していく必要があります。そのためには、良いふりかえりができる方法を確立しておくことが大切です。

ふりかえりに関しては、実はいろんなフレームワークがあります。よく聞くものでは、KPT法とか、PDCAなどがありますよね。これらは、どれもこれも一長一短あって、ぶっちゃけ私は、どれを使おうが、自分に合うなら何でも良いと思っています。

ただ、個人的に質の高いふりかえりをする中で、欠かせないものが2つあります。「時間軸数字」です。この2つを、ふりかえりの中に持ち込むことで、より明確なふりかえりができると思います。私自身、ふりかえりをする際には、必ずこのつを意識してふりかえっています。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 後ろを振り返れ。自身の成長を実感できるたった2つのポイント
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい