私達が定期的に通える店は25カ所しかない─ロンドン大学研究

 

個人的には、こういった理由をしっかり考えるのはとても大切なことだと考えています。なぜなら、その理由の中には、自店の顧客を増やすヒントが確実に眠っているからです。そのヒントを知ることで、自店でできることや、やるべきことが少しずつ見えてきます。もちろん、自分の理由だけではありません。

私は仕事上、いろんな世代の人と出会うことが多いのですが、そういう人たちにも、通っているお店がどんなところなのか、そして、なぜその店に通うのかを聞く機会があります。特に、10代や20代前半の若い世代の人たちは私の感覚とは違う理由を持っていることも多く、とても参考になることがたくさんあります。そんな部分からヒントをもらい、接客や営業の糧にさせてもらっているのです。

お店だろうと、会社だろうと、顧客がいなければ、必ず立ち行かなくなってしまいます。顧客になってもらうためには、もう一度足を運ぶだけの理由がなければいけないのが事実です。その理由は一体何なのか?そして、その理由を作るために、どんなことが必要なのか?

ぜひ、ご自身でも考えていただき、周りの人からの情報も得てみてください。必ず、何かしらのヒントが見つかります。

今日の質問です。

  • どこかのお店に、無意識にもう一度通ってしまった理由は何ですか?細かく追求してみましょう
  • その理由を、自店のお客様に持ってもらうとしたら、どんなことができそうですか?

image by: Shutterstock.com

坂本りゅういちこの著者の記事一覧

様々な接客販売業で日本一の売上を獲得した販売員がお伝えする販売力向上の秘訣!
「もっと売れる販売力を身につけたい……」「スタッフへの指導について勉強したい……」など、接客販売力を向上させるために必要な事を毎日無料で配信中。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 販売力向上講座メールマガジン 』

【著者】 坂本りゅういち 【発行周期】 日刊

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 私達が定期的に通える店は25カ所しかない─ロンドン大学研究
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい