ヒアリングに臆するな。ニューヨーカーも大した話はしていない

shutterstock_633439388
 

海外で生活していても、現地の人同士の会話を聞き取るというのは、外国語習得の中でも大きく高いハードルです。しかし、そのハードルを超える日はある日突然やってくると、メルマガ『NEW YORK 摩天楼便り-マンハッタンの最前線から-by 高橋克明』の著者の高橋克明さんは言います。そして、ニューヨーカー同士が話しながら爆笑しているのも、内容は他愛のないことだと知ることで、外国語習得に臆する気持ちは不必要だと気づいたのだそうです。

知っておくべき外国語習得の最初の1歩

まったく英語も話せない状態で渡米して、いちおうは、今、ハリウッドスターにインタビューするようにまでにはなりましたが、ハッキリ言って、相変わらず僕は英語が苦手です。

以前もここで書いたように、この街は、第2外国語としての英語であふれている。ニューヨーカー、みんな世界各国からその国独自の訛りを持って、寄り合って、成り立ってる状態です。

特にハリウッドスターなんて、世界各国の記者からの訛りだらけの英語を聞き取るのに慣れている。なので、僕の日本語訛りのカタコト英語にも笑顔で答えてくれる。トム・クルーズも、レオナルド・ディカプリオも、キャメロン・ディアズも、リチャード・ギアもそうでした。で、僕の後は、めちゃくちゃアイルランド訛りの英語の質問を、韓国訛りの英語の記者の言うことを、変わらない笑顔で聞いている。

まず、英語が話せない状態の時って、「アメリカ人は何を話しているだろう」って、いつも思っていました。それに彼ら特有の大爆笑がついてくる。「ナントカ、カントカ…ワーハッハ!ワハハ!!!」って感じで。一体、どんなオチで、どんなおもしろ話なんだろう、と勝手に妄想が膨らんでいました。

結論から言うと、連中、大したことしゃべってません。いや、これ、本当の話。自分の理解できない外国語に直面すると(特に日本人は)誇大妄想して、とても有益な情報を、とてもハイクオリティなジョークを、とても思慮深い真理を、話し合ってるに違いない、と思い込んでしまう。

僕が、初めて、彼らの英語を本当の意味で最初から、最後までクリアーに理解できた瞬間を今でも覚えています。それはある日、急にやってきます。渡米して数年経った頃でした。意識せず、無意識の中で、あれ?オレ、全部、聞き取れている。全部、理解している、と気づく瞬間がある。

そう、意識している段階で、耳がついて行ってない。無意識下で理解できているときこそ、本当の意味で言葉を理解しているとき。気づく、感じです。それはふいにやってきます

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 誰も教えてくれない自分の「可能性」、それAIが2分で教えます。
    誰も教えてくれない自分の「可能性」、それAIが2分で教えます。
    (株式会社J.Score)
  • ヒアリングに臆するな。ニューヨーカーも大した話はしていない
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい