習近平は最も危険な敵。ソロスですら見限った中国のお先真っ暗

shutterstock_1039128103
 

ウォーレン・バフェットやジム・ロジャーズと並び世界三大投資家と称されるジョージ・ソロス。彼はまた国際政治に深く関わっていることでも知られています。今回の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』では著者で国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんが、これまで中国を支持していたソロスが反中に転じた理由と、日本が最も避けるべき行動について記しています。

ソロスは、中国打倒を決意した

皆さん、ジョージ・ソロスのことをご存知でしょう。世界的に有名な投資家(バフェット、ジム・ロジャーズと並んで、「世界3大投資家」と呼ばれることがある)。その一方で、「国際政治に深く絡んでいる」ことでも知られています。彼は、「オープンソサエティ財団」(開かれた社会財団)の創設者。この財団は、世界に民主主義とか自由を普及している。いいことに思えますが、独裁国の支配層は、「革命を後押しする団体」として、この財団とソロスを恐れている。

ここまでで、「北野さんてやっぱり陰謀論者????」モードになっている新規読者さんも多いでしょう。一つ証拠をお見せしましょう。もう忘れていると思いますが、03年にジョージア旧グルジアで革命が起こった。この時、追放された大統領のシェワルナゼさんはなんといっていたか?03年12月1日の時事通信をごらんください。

グルジア政変の陰にソロス氏?=シェワルナゼ前大統領が主張

 

【モスクワ1日時事】グルジアのシェワルナゼ前大統領は、11月30日放映のロシア公共テレビの討論番組に参加し、グルジアの政変が米国の著名な投資家、ジョージ・ソロス氏によって仕組まれたと名指しで非難した。ソロス氏は、旧ソ連諸国各地に民主化支援の財団を設置、シェワルナゼ前政権に対しても批判を繰り返していた。

ソロスさんは、こんなことをしているのですね。そして、この方は、「予言者」としても知られています。過去の発言を振り返ってみると、ホントにすごい。たとえば、04年にアメリカの没落を予言しています。どういう話?

彼は、ブッシュのイラク戦争に大反対だったのです。彼は、イラク戦争がはじまった翌04年、『ブッシュへの宣戦布告』という本を出版しています。この本の中で、ソロスは、「アメリカの没落」を明確に予測していました。

先制軍事行動を唱えるブッシュ・ドクトリンを私は有害だと思っている。

アメリカの単独覇権というブッシュの夢は、達成不可能であるばかりか、アメリカがその伝統として唱えてきた理念と矛盾するものである。

アメリカは今日の世界で、他のどの国家も、またどの国家連合も、当分は対抗できそうもない支配的な地位を占めている。アメリカがその地位を失うとすれば、それは唯一、自らの誤りによってだろう。ところが、アメリカは今まさに、そうした誤りを犯しているのである。

どうですか、これ?「アメリカがその地位を失うとすれば、それは唯一、自らの誤りによってだろう」「アメリカは今まさに、そうした誤りを犯している」。つまりソロスは、「イラク戦争は誤りでそれによってアメリカは自らの地位=覇権国家の地位を失う」といっている。これは、まさに起こったことですね。では、なぜアメリカは、大きな間違いを犯してしまったのでしょうか?

それは、この国が、「確実なものが存在する」という間違った考えと強い使命感を持つ過激派グループに牛耳られているためだ。
(同上)

ソロスは、なんとブッシュ政権のことを、「過激派グループ」と呼んでいます。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 誰も教えてくれない自分の「可能性」、それAIが2分で教えます。
    誰も教えてくれない自分の「可能性」、それAIが2分で教えます。
    (株式会社J.Score)
  • 習近平は最も危険な敵。ソロスですら見限った中国のお先真っ暗
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい