NY在住猫好きの医師が断言。「純水は体に悪い」に明確な根拠なし

shutterstock_1107400622
 

NY在住の医学博士・しんコロさんが発行するメルマガ『しんコロメールマガジン「しゃべるねこを飼う男」』では、メルマガ読者からの質問を随時募集しています。今回はネットの記事を読み不安になった方からの「猫の飲み水」についての質問が寄せられ、元になった記事への反論とともに明確に回答しています。

純水は体に悪いのか?

Q. 先日、純水は体に悪いのか?ということが職場で話題になり、ちょっと調べたところ、さまざまな説はあったのですが、そのなかでこんなサイトがありました。

純水は「体を壊す水」、続けて飲むと、体調を壊す【藤田紘一郎先生の水で健やかVOL.25】

一応、医師である先生の見解です。この方は寄生虫関連の本で有名になった先生のようですが。最後に結論として、純水・蒸留水は生のまま飲まない。さゆなどもNGと書かれています。

まぁ人間のことならあまり気にしないのですが、問題は猫の飲み水です。私は今は浄水器(高機能タイプではなく標準タイプ)の水をさらに一度沸騰させて猫に使っているのですが、以前から、もしかしたら沸騰させることはかえってよくないのだろうか?とは思っていました。

しんコロさんは、たしかご実家の水道を全部浄水にされたりしてた気がしますが、猫の飲み水はどのようなものがよいと思われますか?(ミネラルウォーターが猫によくないのは知っています)よろしくお願いいたします。

しんコロさんの回答

藤田紘一郎先生は「アレルギーは寄生虫感染がなくなったのが原因」と説を唱えて、自身の体内でサナダムシを飼っているという方ですね。さて、記事を読ませていただいたので、記事に対する僕なりの見解を示したいと思います。

まず「純水を生のまま飲むと、体が保持している大事なミネラルを溶け出させてしまう危険性があるのです」という主張には根拠がありません。確かに純水はミネラル等を溶かしますが、それはミネラルを体外に排出させるということと同じ意味ではありません

むしろ酸化防止剤のEDTAの方がカルシウムを体外に排出させてしまう作用があるので、心配すべきかと思います。そもそも、食べ物から吸収するミネラルの量の方が、飲料水から吸収する量よりもはるかに多いので、ちゃんと食事をしていればミネラル不足になることはありません。

例えば、マグネシウムの含有量で「煮干しとエビアン」を比較してみましょう。中サイズの煮干し1尾を300mgとして、マグネシウム含有量は8%くらいですから24mg含まれることになります。このマグネシウム量は、エビアンを1L飲むと摂取できるマグネシウム量とほぼ量です。マグネシウムの1日あたりの推奨量は300~400mgですから、エビアンだけでマグネシウムを摂取しようとしたら10リットル以上飲まないといけません。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • NY在住猫好きの医師が断言。「純水は体に悪い」に明確な根拠なし
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい