「今日は予約で満席」とだけ言われたら二度とその店には行くな

 

今、現状、目の前のお客様対応に忙しくて、次のお客様に対応できない時の対応は、その後のファンづくりに大きな影響を及ぼします。これは決して、飲食店の話だけではありませんよね。小売のお店でも、こんなことはたくさんあります。

従業員が全員お客様を接客している時に、新たにお客様が入店された時。そういう時にも、そのお客様への目配りや心配りができているかどうかです。それがよくわかっていないお店では、お客様が入って来ても、気づいていないフリでもしているかのように、挨拶もしなければ、簡単な声かけもしません。

一方、ちゃんと対応ができないお客様にも、目配りや心配りができているようなお店では、商品の場所の案内だけはしておくとか挨拶だけはきちっとやっておくとか、少しでも接点を持って、お客様の居心地がよくなるように努めます。その差が、次の来店につながりますし、長い目で見た時に、ファンが増えるかどうかが変わってくるのです。

もし、あなたを含めて、お店で対応ができない状況でお客様が来店されたとしたら、どんなサービスを見せるべきでしょうか?

今日の質問です。

  • なぜ、対応できないお客様への対応が大事なのでしょうか?
  • 対応が難しい場合には、どんなことを伝えて、次の来店につなげますか?

image by: Shutterstock.com

販売力向上講座メールマガジンこの著者の記事一覧

様々な接客販売業で日本一の売上を獲得した販売員がお伝えする販売力向上の秘訣!
「もっと売れる販売力を身につけたい……」「スタッフへの指導について勉強したい……」など、接客販売力を向上させるために必要な事を毎日無料で配信中。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 販売力向上講座メールマガジン 』

【著者】 販売力向上講座メールマガジン 【発行周期】 日刊

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 「今日は予約で満席」とだけ言われたら二度とその店には行くな
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい