130万の壁じゃないの?ややこしい扶養について社労士に聞いた

shutterstock_392127553
 

身近なようで、意外と知られていない社会保険の扶養条件。「130万の壁」という言葉はよく耳にしますが、その金額も条件により変化するという事実も完璧に理解している方は多くないはずです。今回の無料メルマガ『新米社労士ドタバタ日記 奮闘編』では、ややこしい社会保険の扶養について会話形式でわかりやすく解説しています。

社会保険の扶養条件

社会保険の扶養範囲の収入制限は、上限金額が年齢によって決まっている。扶養される人が60歳未満までは、130万円障害年金受給者と60歳以上は180万円が上限だ。


N社社長 「健康保険の扶養の範囲って130万円だとばかり思ってたよ。この間、うちの妻がパートで130万円を超えたからてっきり扶養から外さないといけないと思っていたんだけど、違うんだってね~」

深田GL 「そうなんです。奥さまが60歳を超えたら収入の上限があがるんですよ。180万円になります」

N社社長 「じゃぁ、もうすぐ年金ももらい始めるんだけど、130万円超えていても余裕ってことだね」

深田GL 「年金の額はいくらですか?」

N社社長 「厚生年金はほとんどかけていないし、この間調べてもらったけど、80万円あるかないかだったよ」

新米 「このままでは難しいですが、年金が80万円ならパート収入は100万円までにおさえて、合計で180万円までにすると扶養のままでいられますね」

N社社長 「そうか、パートの収入をコントロールすればいいんだね」

新米 「そうですね」

印刷する

人気のオススメ記事

  • 130万の壁じゃないの?ややこしい扶養について社労士に聞いた
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい