つくば女子中生「葬式いじめ事件」加害者の無反省を示す証拠写真

dt20190324
 

あとを絶たない陰湿ないじめとそれに対する学校・教育委員会の酷い対応ですが、またも同様の事件が発覚しました。今回のメルマガ『伝説の探偵』では、現役探偵でこれまで数々のいじめ問題を解決に導いてきた阿部泰尚(あべ・ひろたか)さんが、当事件の詳細や教育局長が口にした嘘を記すとともに、加害者がまったく反省していない証拠となるSNSへの投稿画像を掲載しています。

つくば市お葬式いじめ事件

もともといじめの対象であったAさんが体調不良で学校を休んでいた時に事件は起きた。

Aさんが休みだと知ったいじめ加害者3人が、「Aは昨日死んだんだよ」と言い始め、Aさんの何も置かれていない机に花瓶を置くふりをした。そして、悲しむふりをしたり、拝むふりをした。

Aさんが登校すると、お葬式ごっこをした1人が、Aさんにどういうお葬式をしたかを詳しく解説した。「あなたは昨日死んだんだよ」。葬式ごっこをしたいじめの加害者は、Aさんにそう言った。Aさんが苦しそうにする様子をみて、楽しそうに続きを話した。

「あなたは昨日死んだんだよ」

これについて、いじめ加害者らは、よくそういうように休んだ子をについて言っていたと証言している。しかし、その度に葬式ごっこをして、当人に「あなたは昨日死んだ」と告げたであろうか。そのような事実はないのであり、Aさんにだけこうした行為を行い、苦しそうな様子を見て、ただ単に楽しんだのである。

実はこの日、起きたのはこれだけではない。

この日、Aさんは持ち物がなくなっていることに気がついた。美術の作品などを入れる美術バックがなくなっていたのだ。その中には、鑑賞会に出品した自分の作品が先生から返却されていて、その作品がバックの中に入っていた。

Aさんはバックを探した。美術バックは、自分が使っている隣のロッカーから発見された。Aさんは、中身を確認せずに、バックがあったことで安堵し、自分のロッカーへ戻した。

この日以来、美術バックは特に使うこともなかったので、3月の下旬に持ち帰るまで確認することはなかった

3月バックを持ち帰ってから、事態はさらに悪化する。美術の鑑賞会で出店したAさんの作品には、お葬式いじめとつながる第2のいじめが行われていた。

Aさんの作品には署名がある。その自分の名前の前に「と書かれていたのだ。

「故 ○○××(被害者の個人情報のため氏名は記載しません)」

まさに、いじめ加害者による被害者へ明確に「死ねというメッセージが送られていたのだ。

abetantei00

「死ね」「消えてくれ」「あなたの居場所はない」。自分が苦しむ様子を楽しんでいるいじめ加害者、そして、機能しない学校の対応には、絶望感や喪失感、苦しいという思いを通り過ぎた捉えようのない感情があったであろう。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • つくば女子中生「葬式いじめ事件」加害者の無反省を示す証拠写真
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい