【書評】GHQに命令され自国を貶め続ける「朝日新聞」の大ウソ

0408_creatre
 

慰安婦問題、原爆投下、南京事件など、「議論の余地あり」とされる歴史上の出来事は数多あります。とは言え多くの日本人がそれぞれについて相手国の「正当性」を刷り込まれているように感じられることも事実です。一体なぜ?今回の無料メルマガ『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』では編集長の柴田忠男さんが、「その一因は朝日新聞にある」とする話題の一冊レビューしています。

偏屈BOOK案内:『マスメディアの罪と罰』

71loe9FcqRL

マスメディアの罪と罰
阿比留瑠比×高山正之 著/ワニブックス

ハーバード大学教授のラングドン・ウォーナーが、日本の文化財を守れと米軍に申し入れ京都を戦災から救った、という朝日新聞の特ダネがある。実際は原爆の投下候補の最初の標的は京都駅西側の梅小路操車場上空500mで、第1号ウラン型原爆を爆発させる予定だったと、後に史料が見つかっている。米軍は文化財を街ごと破壊し、50万人の市民を殺し、京都を本気で焼き尽くすつもりだった

そんな野蛮人がまるで文化財を守る偉い人を装うのを、朝日新聞は手助けしたから、日本を代表する大新聞社でいることが保証された。朝日やNHKはGHQから「日本がアジア解放のために殉じ敗れ去った」と思わせるなと命じられ、侵略者日本という歴史書き換えを行い、今もそのままのスタイルで報道を続けている。

朝日は吉田清治をはじめウソの「慰安婦記事を載せていたら当時を知る世代の人たちから日本軍はあんなことをしていないと投書や電話が来た。1992年3月3日付けコラム「窓」の執筆者は「知りたくない、信じたくないことはある。だが、その思いと格闘しないことには歴史は残せない」と叱りつけた。

アメリカは原爆を落とし非戦闘員を大量虐殺した。許されざる行為なのに正当化していった。日本は卑怯な国で、真珠湾を騙し討ちにした。日本人は残虐で、一日でアジア人を数千人も虐殺している早く降伏させなければならなかった。日本上陸作戦をやれば米国人がさらに200万人死ぬ、とかなんとか。以上はすべて大ウソ。とにかく歴史を改変し、日本を降伏させるために原爆投下はやむをえなかったとしている。

東京裁判でも、日本側の弁護士が原爆投下に言及しようとしたとたん速記が止まった。アメリカ人は当初は後ろめたかった。日本の復讐をナイーブに怖がっていた。しかし、原爆投下は戦争終結のための良策だったという教育がなされ、大半の人はあれでよかったのだという見方になっている。教育洗脳おそるべし。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 【書評】GHQに命令され自国を貶め続ける「朝日新聞」の大ウソ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい