客がカネに見える現象を吹き飛ばせ。店員が原点回帰する方法

shutterstock_1050005768
 

新年度を迎え、新しいメンバーが加わったという職場も多いのではないでしょうか。新人教育もスタートしていると思われますが、その際、既存スタッフもともに「商売そのものの原点」を確認すべし、とするのは接客販売コンサルタント&トレーナーの坂本りゅういちさん。坂本さんは今回、自身の無料メルマガ『販売力向上講座メールマガジン』にその理由を記しています。

原点を確認

新しくスタッフが入ってくる時期です。皆様の会社やお店にも、新人さんと呼ばれる人たちがいらっしゃるかもしれませんね。そんな新人スタッフが入ってくる時や、既存のスタッフにとっても節目となるようなこういう時には、たまにでも良いので、原点を確認したいものです。

自分たちは何を売っているのか?」そして、「お客様たちは何を買ってくれているのか?」という、商売そのものの原点ですね。これは、新入社員研修などでもよく行われることです。

新入社員の人たちにとって、これから扱う商品とはどういうものなのかを知ってもらう。そうすることで、商品に対する責任や、お客様を接客することの意味を、改めて理解することができます。

ですが、こういうことは、案外確認しないとわからなかったり忘れてしまうものです。

初めて商品を扱うことになる人たちは、自分たちが売っているものは何かと言われても、商品名くらいしか答えられません。なぜなら、その商品を買ってくれたお客様がどうなっているかをまだ知らないからです。

お店で実際にお客様に商品を販売して、その商品をお客様が使用してくれて初めて、「なるほど、お客様はこうなるのか」ということがわかります。本来、お店で売っているものというのは、そういう部分なんですよね。

そんな部分を知っているのといないのとでは、接客の内容も何もかもが変わりますから、ぜひ今のタイミングでも考えてもらいたいことだと言えます。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 客がカネに見える現象を吹き飛ばせ。店員が原点回帰する方法
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい