塚田「忖度」副大臣がバラした、「安倍・麻生道路」復活の実態

arata20190411
 

麻生太郎副総理が推す福岡県知事選候補の激励会で、安倍政権のタブーともいわれる「忖度」という言葉を二度も口にし、責任を取る形で国交省副大臣の職を辞した自民党の塚田一郎参院議員。その影響もあってか知事選は麻生氏が敵視する対立候補の圧勝となりましたが、そもそも小川元副大臣が「忖度した」という「下関北九州道路」はどのような経緯をたどり現状に至っているのでしょうか。今回のメルマガ『国家権力&メディア一刀両断』で元全国紙社会部記者の新 恭さんが詳しく解説するとともに、塚田氏に対して「よくぞ政策決定の実態を白状してくれた」と大いなる皮肉を込めた賛辞を送っています。

塚田副大臣が手柄自慢で白状した安倍・麻生道路復活の真相

さすがの麻生太郎氏も、福岡県知事選の散々な開票結果が出た夜は、人並みに神妙な面持ちだった。

「残念ながら当選させられず誠にふがいなく、われわれの力不足だった。あらためて心からおわび申し上げる」

森友疑惑の公文書改ざん事件では、佐川元理財局長に責任をなすりつけて財務省から放り出し、他人事のように涼しい顔をしていたが、ことが選挙となると、福岡県連の最高顧問として、普通に責任を感じるらしい。

つまるところ、この選挙、候補者でもない麻生氏が独り相撲でぼろ負けした印象だ。前回選挙で支援した現職の小川洋氏によほどムカつくことがあったのか、新人の対抗馬を立てたのだが、ものの見事にコケてしまった。

自民党の調査で小川氏の優位は明らかだった。それでも、山崎拓、古賀誠氏らかつての自民党実力者が引退し九州政界で「一強」とおだてられる麻生氏は自分の力を過信して、知事のすげ替えに動いた

1月14日、地元での国政報告会で、3選をめざす小川知事を、高島宗一郎福岡市長と比較して「何もやっていない。県内で伸びているのは福岡市だけだろうが」と、激しい口調で批判し、その後、安倍首相に直談判して元厚生労働官僚、武内和久氏の推薦をとりつけた。

二階幹事長の頭越しに話を進める傲慢さに、麻生シンパが多いとされる県連の内部でさえ反発が強まる山崎古賀といったOBも小川陣営についた。自民党は分裂選挙に突入し、武内氏の人気は一向に盛り上がらない。そんななかで、事件は起きた。

4月1日、「自民党推薦候補 激励集会」に現れた国交副大臣塚田一郎氏はおそらく滑らかな弁舌がウリなのだろう。話がとても分かりやすい。

「麻生太郎命、一筋でやってきた。筋金入りの麻生派です」

「かわいい弟分の大家敏志参院議員(麻生派)の要請があり、おやじ(麻生氏)の顔が浮かんで足を運びました」

まるで任侠映画のセリフのように応援演説は始まった。集まっているのは麻生氏の支持者が大半だ。「おやじ」と慕えば、反応がいいに決まってる。聴衆を喜ばせたい一心で塚田氏の気分は高揚した。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 塚田「忖度」副大臣がバラした、「安倍・麻生道路」復活の実態
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい