女子中学生の飛び降り自殺をいじめと認めぬ、名古屋市の深い闇

shutterstock_1281594475
 

2018年1月に名古屋市で起きた女子中生自殺事件を巡り、その原因をいじめと認めなかった「名古屋市いじめ対策検討会議」の調査結果を不服とした遺族が、同市の河村市長に対して再調査を求めたことが、各メディアで大々的に報じられました。この事件について調査を進めている現役探偵の阿部泰尚(あべ・ひろたか)さんは、自身のメルマガ『伝説の探偵』で、隠蔽を図っているとしか思えぬ学校サイドや自殺した生徒が所属していた部活の異常性を明らかにするとともに、「名古屋のいじめ予防対応は絵に描いた餅」と厳しく批判しています。

名古屋名東区中1自死事件

2019年4月14日、報道機関によれば、

名古屋市名東区で2018年1月、名古屋市立神丘中学校1年の女子生徒=齋藤華子さん当時(13)=がマンションから飛び降り自殺した問題で、同市教育委員会が設置する第三者委員会は「心身の苦痛を感じるいじめ行為があったとは認められない」と結論付けた報告書を市教委に答申していたことが14日、遺族への取材で分かった。

当日は1月5日の早朝で、彼女は部活の合宿に行く予定であった。同生徒は2017年9月に大阪から名古屋市に転校、11月からソフトテニス部に入部していた。

第三者委員会なるもの構成

第三者委員会の構成については文科省のガイドラインにもあるように、弁護士や精神科医臨床心理士などで構成されている。

名古屋市の場合は、教育委員会直下のいわゆる検討委員会を第三者委員会として扱っており、これは常設されている。本件についても、常設のいじめ検討となる「名古屋市いじめ対策検討会議」が担当している。

現状の構成メンバーは6人で、構成メンバーは名古屋市のホームページに記載されている。

名古屋市の場合、この委員会については、「名古屋市いじめ対策検討会議条例」なるものがあり、教育委員会の付属機関として設置されているのだ。

dt20190425-1

報道機関各社についてもこれを「第三者委員会」と記載しており、私も直接、名古屋市教委から第三者委員と呼称しているのを聞いているから、名古屋では委員の入れ替わりもほとんどない「教育委員会の付属機関」であっても、第三者委員会なのだとしているのであろう(以下、この自称第三者委員会については、「付属機関」という)。

たくさんのいじめ目撃証言

いじめについてはたくさんの目撃情報がある。

特に学校が2度取っている記名・無記名のアンケートには、いじめの加害者の氏名がいくつも記載されていた。つまり、いじめを問うアンケートには、具体的ないじめの状態とそれをした行為者が、何人ものアンケート回答に記されているのである。

特に部活においては、華子さん本人が特定の同級生について「怖い」と別の同級生に相談していたというものもあるし、一人で帰っていた(ボッチにされていた)というものもあった。

ところが、これを付属機関は、「伝聞だと判定し別段の問題はなかったとしたのである。

いくら生徒たちが正直に声をあげても、その声はどこかでフィルターがかかり、変えられてしまうのだから、まともに証言して内申を人質に取られては堪らないと思うだろう。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 女子中学生の飛び降り自殺をいじめと認めぬ、名古屋市の深い闇
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい