専門家が疑問視。自治体の参集訓練に足りない「有事」の真実味

 

私は1961(昭和36)年、15歳で陸上自衛隊の生徒となりましたが、日常茶飯事と言ったらオーバーであっても、けっこう非常呼集は経験しています。

熟睡している午前3時か4時頃、けたたましく非常ベルが鳴る。当直幹部と当直陸曹、そして不寝番についている同期生が「非常呼集!」と怒鳴る。2段ベッドから飛び起きて、まず半長靴を履き、そのまま作業服のズボンをはき、上着を着るという順番です。そこで上着の上から弾帯を腰に巻きます。 40人部屋の両端の棚の上に整然と並んでいる背嚢、ヘルメット、鉄帽を他人のものと間違わないようにとり、押し合いへし合いしながら背嚢を組み立てる。この背嚢は映画『プライベート・ライアン』で米兵が身につけていたものと同じで、普通は分解した状態で整理整頓してあります。そして、背嚢を背負うと隊舎の中ほどにある武器庫に走る。自分のM1ライフルと銃剣をとって営庭に走り、整列します。

その様子を当直幹部が腕時計で時間を計りながら眺めている。むろん、場合によっては「やり直し!」です。もう一度、ライフルなどを武器庫に戻し、背嚢を分解して棚に整頓し、ベッドに潜り込む。少しホッとしたタイミングを見計らって、また「非常呼集!」の大音声。 私は経験したことがありませんが、部屋の中に発煙筒が投げ込まれ、何も見えない状態で衣服を身につけ、背嚢を組み立てさせられたケースもあったようです。こんなことをやるのは、もちろん一朝有事の時、日本国と国民を守るための働きができるようにという目的があるからです。

地方公務員の皆さん、あなた方にとっての災害は、自衛隊にとっての有事、つまり戦争と同じなのですよ。県民の命を守るために働くということを忘れないでください。(小川和久)

image by: 静岡県公式ページ

小川和久この著者の記事一覧

地方新聞記者、週刊誌記者などを経て、日本初の軍事アナリストとして独立。国家安全保障に関する官邸機能強化会議議員、、内閣官房危機管理研究会主査などを歴任。一流ビジネスマンとして世界を相手に勝とうとすれば、メルマガが扱っている分野は外せない。

有料メルマガ好評配信中

    

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 NEWSを疑え! 』

【著者】 小川和久 【月額】 初月無料!月額999円(税込) 【発行周期】 毎週 月・木曜日(祝祭日・年末年始を除く) 発行予定

print
いま読まれてます

  • 専門家が疑問視。自治体の参集訓練に足りない「有事」の真実味
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け