30代中国人エリートは1回のボーナスが1億6000万円って本当?

shutterstock_315826811
 

急速な勢いで発展する中国経済の波に乗って、中国人の給与額が驚くほど高騰し続けているのをご存知でしょうか。中国、香港ほか、東アジアの社会事情、ビジネス事情に詳しいフリージャーナリストの中島恵さんが、自身のメルマガ『ジャーナリスト中島恵が語る中国&香港とっておきの話』で、実際に現地の知人に聞いた給与額の急上昇ぶりについてレポートされています。

中国人の給料ってどのくらい?

これについては、ある男性読者さんからご質問をいただきましたので、ここでお答えしようと思います。

読者さんは最近、北京や上海にはほとんど行く機会がないそうで、私の本を読んで、今の中国事情をなんとなくイメージしてくださっているそうです(ありがたいことです…自分の本を買っていただけるのが、いちばんうれしいです)。
中国の企業の人件費はどのくらいか、また、日本のハイテク企業や韓国のハイテク企業が中国でモノづくりをする際、メリットはあるのか、などを知りたいというお話でした。

ハイテク企業の現状については、簡単にお答えすることは難しいので、今日はお給料についてだけ、お答えしましょう。そういえば、私はよく講演会などを行いますが、そこで中国人のお給料の話をすると、みんな目を輝かせます。

やはり、日本人も「他人のお給料」が気になって仕方がないのですね

それは世界共通だと思います。でも、中国人のお給料について、私が具体的な例をお話すると、みんなとても驚きます。壇上から見ていて、その驚きの表情を見るのは、けっこう楽しいものです(笑)「ほら、意外でしょう?」と思ってしまいます。

いくら中国が経済発展しているといっても、やはりまだ日本人には「日本人の給料のほうが高いだろう」という思い込みみたいなものがあるんですよね。

私が今年2月ごろに聞いた仰天エピソードですが、テンセントという会社名をご存じでしょうか?

テンセントはアリババと並び、中国を代表するIT企業です。広東省に本社があり、ウィーチャット(約10億人もの中国人が利用している中国のSNS)や、ウィーチャットペイ(中国で8億人くらいが利用している中国の決済機能)などを開発し、運営している企業です。

その中国を代表するテンセントの中でも、とくに稼ぎ頭の部門のボーナスの金額を聞きました。

さて、いくらだと思いますか?

正解は・・・・・・1億6000万円です!!ボーナス1回の金額です!

印刷する

人気のオススメ記事

  • 30代中国人エリートは1回のボーナスが1億6000万円って本当?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい