「かわいいばっかり言うな」と思われないため。語彙はこう増やす

shutterstock_713560759
 

どんなお客様に対しても同じ言葉で接しているという方、もしかしたらその接客、改めたほうがいいかも知れません。今回の無料メルマガ『販売力向上講座メールマガジン』では著者で接客販売コンサルタント&トレーナーの坂本りゅういちさんが、語彙力を磨く意義と、その具体的な方法について記しています。

表現の語彙を増やす

かわいいという言葉だけで表現をしてくる販売員をたまに見かけます。

「その商品かわいいですよね」
「似合いますよ、かわいい~」

柳原可奈子さんがネタにするようなタイプの販売員です。男性販売員の場合だと、「かっこいい」「イケてる」「やばい的な言葉になるでしょうか。

そういう言葉を使って表現をするのは、個人的には全然構わないと思っています。ただ問題はそれ以外の表現力です。「かわいい」という言葉しか持っていないのであれば、それは問題だということですね。

販売員は、基本、口でお客様に商品の魅力を表現していくことになります。ですから、表現力が必要なわけです。そして口で表現するために求められるのが、語彙力などと呼ばれるもの。つまり、言葉の数ですよね。

同じかわいいという言葉だっていろんな言い方があります。最終的に同じようなことがお客様に伝わればそれでいいのですが、お客様に合わせた言葉を選んで出せるかどうかはやはり販売員の持っている言葉の数に左右されます。だから私も、語彙を身につけるためには、どんなことが必要かはよく考えます。

とはいえ、言葉の数なんてものは数え切れないほどに存在するのですから、全てを身につけようなんてことは不可能と言えるでしょう。だから、ポイントを絞って考えることも大事なのかなと思っています。

最も考えるのは、類語を知ることです。お客様を接客する際に、商品に関連して伝えたい言葉というものあります。例えば、「高級」という言葉を表現でよく使うとしましょう。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 「かわいいばっかり言うな」と思われないため。語彙はこう増やす
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい