「ジムを利用するメリットは?」ボディメイクのプロに聞いた結果

shutterstock_267552635
 

普段自宅でトレーニングしている人にとっては、ジムを利用するメリットはわかりにくいもの。利用に際し、準備すべきものについても悩みます。メルマガ『届け!ボディメイクのプロ「桑原塾」からの熱きメッセージ』を発行する桑原弘樹塾長は、メリットについて「効率がいい」とズバリ。ジム通いの必需品に加え、ケガを予防し、トレーニングの効率を上げてくれるオススメのトレーニングギアも教えてくれました。

ジムに行かないと鍛えられないのか?

Q. これまで自宅でトレーニングをしていました。腕たて伏せや、ダンベル(鉄アレー)を使ったトレーニングが中心です。近くにしっかりとしたジムが出来たので、もう少し本格的に体を鍛えてみようかと考えています。目的は筋肉をつけることですが、そもそもジムに行かなくては鍛えられないものでしょうか。何を準備したらいいのでしょうか。(31歳、男性)

桑原塾長からの回答

近くにジムが出来たとの事。それはめでたいですね。私は兵庫県の芦屋に住んでいますが、近くにゴールドジムが出来てくれないかなぁと今もずっと願い続けています。自宅でもトレーニングをされていたということですが、やはりジムでのトレーニングは効率がいいと思います。効率がいいというのは、使った労力の割にしっかりと筋肉への刺激がいくという意味です。

例えば、腕立て伏せを100回やるのであれば、ベンチプレスを10回やった方が効くというようなニュアンスです。スクワットにしても自重では回数で追い込むしかありませんが、ジムにいけばバーベルスクワットも出来ますし、最初はマシンを使ってレッグプレスなどでも十分に効果が感じられます。

ホームトレーニーでもしっかりと鍛えている人はいると思いますが、やはり、ジムで鍛えるメリットは比べ物にならないでしょう。特に、背中の筋肉は、なかなか自宅や自重では鍛えにくいものです。公園などの鉄棒でチンニングをするという手もありますが、鍛え方に限界があります。通常のジムであれば、ラットマシンやロープーリーもありますし、少し慣れてきたらデッドリフトを覚えていくとかつてない刺激となるでしょう。そういうわけで、ぜひジム通いをしてかつてない刺激を味わってください。

次に必要なものや準備するものですが、絶対に必要なのは、ティシャツ(タンクトップ)、短パン(スウェット)、室内用のシューズ、タオルです。個人的にはタンクトップと短パンが好きです。理由は、汗をかいたときにも動きやすいという事です。シューズはトレーニングの内容によって、少し選び方が変わってきます。ランニングなどを主体に考えるのであれば、比較的ソールの厚い一般的に売られているランニグシューズがいいでしょう。ウエイトトレーニングを中心に考えているのでしたら、ソールがフラットで逆に柔軟性のあまりないものがお勧めです。私はレスリングシューズを愛用していますが、市販されている有名なスニーカーでいえば、アディダスのスーパースターや、コンバースのようなシューズのイメージです。その方がスクワットにしてもレッグプレスにしても力が入りやすいのです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 「ジムを利用するメリットは?」ボディメイクのプロに聞いた結果
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい