ネギ臭いコーヒーともおさらば。トングというキッチンの強い味方

shutterstock_1306991125
 

時短料理は忙しい主婦の強い味方。多くの方が様々な時短テクニックを駆使していらっしゃることと思います。でも…、無意識にしている行動が、実は時短の妨げになっている可能性も。 今回の無料メルマガ『システマティックな「ま、いっか」家事術』では著者の真井花さんが、便利な道具「トング」の導入をオススメしています。

汚さない道具

さて、本日はちょっと便利なもののお話。

朝や夕方、急いで料理をしているときに限って

  • ああもう!!手が汚れてる!

ことってありますよね。調理の流れの中で、手が汚れていてこれを洗う手間が効率を押し下げているんですよ。一度数えてみてください。すごく手を洗っていますから( ̄∇ ̄)

なので、実は料理を速く作るためには、できるだけ

  • 手を汚さない

ことなんです。これは実際に料理をしてみれば、すぐに分かりますよね。手が汚れてしまうと、まずその手を洗わないと次の作業に移れないんです。ネギを切った手で、マグカップを持つと…

  • ネギ臭コーヒー♪

になるからです( ̄∇ ̄)。いや、飲んだことがあるんですよ、ハハハ。

これは、調理全体の工程を考えて、順番を工夫すれば、つまりマグカップを出した後、ネギを切ればいいんですが、現実にはなかなかそう上手くは行かないんですよね。

そこで、順番ではなく、

  • 道具を工夫する

んですよ。手を汚さないような道具を使うんです。

手が汚れる一番の理由は、食材を素手で触るからです。野菜でも香りの強いモノや粘るモノ、果汁などが出やすいモノなどは手が汚れますね。お肉とお魚は言うに及びません。なので、これらを出来るだけ道具を使って掴むんです。

こういうときに便利なのが

  • トング

です。最近はトングの形状の研究が進み、とても使いやすいものが多くなりました。トングの先がスプーンのようなヘラのような形をしていて柔らかいものでも上手く掴めるんです。

そして、トングを買う時に、特にチェックして欲しいのが

  • 大きさ

です。家族の人数にも依るのですが、

  • 全長が20センチくらいの小さめのものを1本
  • フツーくらいのものを1本

で2本備えましょう。

この小さめのものというのがポイントなんです。トングはなぜだか大きめのものが選ばれる傾向があるそうです。ところが、活躍するのは

  • 小さめのもの

なんです。小さいので操作しやすく掴みやすいんでしょう。

ちなみに我が家はトングマニア( ̄∇ ̄)先の細いものも含めて4本くらいあります。

  • でもそれだとトングを洗わなくちゃならないんじゃ?

と思われました?うん、それがそうでもないんです。トングが複数本あって、しかもまだあなたの

  • 手がある( ̄∇ ̄)

んですよ。これだけあると、トングが汚れても次には手を使えばイイので、トングをいちいち洗う必要はないんです。ま、たくさん料理を作るご家庭では、どうしても洗う瞬間が出て来るでしょうが、それでも

  • トングのおかげで手を洗う手間がかなり省けた

のですから、それでOKなんじゃないでしょうか。

ちなみにトング以外では

  • キッチンバサミ
  • キッチン用ペーパータオル

などもガンガン使うとイイです。

気がつきにくいけど、効率を押し下げる作業を省いて。結構料理のスピードが上がりますよ。

image by: Shutterstock.com

真井花(まないはな)この著者の記事一覧

食べるのは大好きだけど、作るのは超苦手。棚拭きとアイロンがけが何より嫌い。そんな家事オンチだった私がソレナリに家事をこなせるようになったワケ。家事全体を見渡して、最小の手間で最大のリターンを得る、具体的なシステムをお知らせするメールマガジンです。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 システマティックな「ま、いっか」家事術 』

【著者】 真井花(まないはな) 【発行周期】 週3回(月水金)刊

印刷する

人気のオススメ記事

  • ネギ臭いコーヒーともおさらば。トングというキッチンの強い味方
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい