人のせいにして収まるか。問題が解決しない組織に共通している事

shutterstock_1276205239
 

会社や組織では日々新たな問題が起こるものですが、その問題をすぐに解決できる現場とそうでない現場が存在します。いったい何が異なっているのでしょうか。今回の無料メルマガ『致知出版社の「人間力メルマガ」』では、経営コンサルティングの岸良裕司氏の「問題点についての立ち向かい方」が紹介されています。

最も非生産的で、最も問題が解決しない考え方 岸良裕司(ゴールドラット・コンサルティング日本代表)

独自の改革手法を駆使し、さまざまな問題を抱えた企業や行政団体などを短期間で劇的に変化させてしまう岸良裕司氏

組織の経営コンサルティングを行っている岸良氏ですが、何か問題があって、ずっと解決しない時には必ず一つの共通した症状がある、といいます。それは一体どんなことなのでしょうか?そして、それを解決するためには、どのようにすればよいのでしょうか?


(自分の京セラ在籍時)稲盛和夫さんは「私にもできるのだから皆にもできる」と常日頃語っていた。だが、僕は新入社員の頃、自分が稲盛さんのような凄い人になれるとは到底思えなかった。

でもある時、稲盛さんのような偉大な人が存在しているからには、必ず何かの理由があるはずだと考えるようになった。要するに「あの人だからできる」という考え方をやめたのである。「あの人だからできると定義すると学びがそこで止まってしまうからだ。

大好きだった京セラを飛び出したのは43歳。現在様々な赤字企業や問題を抱えた組織の経営コンサルティングをさせてもらっている。

相談の中身はそれぞれに異なるが、何か問題があって、ずっと解決しない時には必ず一つの共通した症状がある。それは“人のせいにする”ということだ。「あそこの会社は力があるから」「うちには人材がいないから」といったように「○○のせいだという言葉が必ずどこかに出ている。

いつも僕は同じ質問をする。

人のせいにして問題は解決しますか

世界中の誰に尋ねても「しない」と口を揃えて答える。にもかかわらず、我われは人のせいにしがちで、その結果、問題を放置してしまう。見方を変えれば、その症状があったとしたらそこに改善のチャンスがあるということだ。

稲盛さんは講話の中で「宇宙は常に進化発展しているそこに心を委ねるならば京セラも未来永劫発展する」と我われに語られた。僕も曲がりなりに50年以上の人生を生きてきて、確かにそうではないかと思う。

世の中はよき方向へ向かっている。それなのに、その妨げになるものがあるとすれば、それは我われの持つ、最も非生産的で問題が解決しない考え方、「人のせいにするということではないだろうか。

かつての僕がそうだったように、自分の思うような仕事や部署に就けず、悶々としている人は少なくないだろう。だが仕事というものは「自分がいたら助かるという部分を見つけるところから始まるのだと思う。そしてそれは必ず見つけられる。職場には必ず困っていることがあるからだ。

会社が自分を雇ってくれた理由とは何か。それを自らに問うところにきっと新しい扉が開かれている。

※月刊『致知』2012年9月号 連載「20代をどう生きるか」(肩書は『致知』掲載当時のものです)から一部抜粋・編集したものです。

image by: Shutterstock.com

致知出版社この著者の記事一覧

京セラ・稲盛和夫氏、サッカー日本代表・岡田武史氏など、人間力を高める月刊誌『致知(ちち)』に登場した各界一流人の名言や仕事術など、あなたの「人間力アップ」に役立つ情報を配信中。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 致知出版社の「人間力メルマガ」 』

【著者】 致知出版社 【発行周期】 日刊

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 人のせいにして収まるか。問題が解決しない組織に共通している事
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい