女性が男性に求める年収500万は高望み?結婚できない男女の理由

2019.12.24
24
by MAG2 NEWS編集部 HY
shutterstock_700008448
 

晩婚化や非婚化、ライフスタイルの多様化などの現状から、政府が50歳までに一度も結婚したことがない人の割合を示す「生涯未婚率」の名称を「50歳時未婚率」に変更したことを日本経済新聞東京新聞などが伝えています。

東京新聞によると、1985年まで男女共5%未満だった「50歳時未婚率(生涯未婚率)」は、2015年に男性23.37%、女性14.06%に上昇。平均初婚年齢も男性31.1歳、女性29.4歳と年々上がっています。

価値観が多様化したいま、「結婚」という選択をすることが全てではありません。しかし、「結婚したいのに、男性側の年収の低さがネックになっている」という声もよく聞かれます。

それではいったい年収がいくらあれば結婚に踏み切れるのでしょうか。また結婚を阻む要因は本当に年収にあるのでしょうか。結婚式の席次表を作成販売するMakeSmileが実施した「女性が結婚したいと思う男性の年収」に関する調査の結果から見ていきましょう。

女性が男性に望む年収

d52514-1-815211-0

  • 第1位 500万円以上~ (33票)
  • 第2位 400万円以上~ (28票)
  • 第3位 600万円以上~ (17票)
  • 第4位 300万円以上~ (14票)
  • 第5位 700万円以上~ (5票)
  • 第6位 800万円以上~ (4票)
  • 同率6位 900万円以上~ (4票)
  • 同率6位 年収は気にしない (4票)
  • 第9位 1億円以上~ (2票)
  • 第10位 2000万円以上 (1票)
    (複数回答含む)

子どもが欲しいなら年収500万円以上必要?

第1位の500万円以上を選択した女性の意見としては、「子どもを育てていくのに、生活費や住居費などと合わせて、教育費も結構かかるので、最低でも500万ぐらいは欲しい」「子どもを産んだときのことを考え、この年収なら普通の生活+貯蓄ができそうだから」「共働きでなんとかやっていける金額だと思うから」「高望みすると結婚できなくなるから」「それ以下だと将来のために貯金する余裕がないと思う」といった意見が多く、子育てをしていくうえでこれくらいは必要という意見や将来のために貯蓄できる金額という理由が要因となりました。

print
いま読まれてます

  • 女性が男性に求める年収500万は高望み?結婚できない男女の理由
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け