森七菜が「オンナに嫌われる女優」の代表に!? 舌ペロぶりっ子に女子イライラ、主演映画公開も“裏の顔バレ”で陰口の集中砲火を浴びる苦しい時間帯に

2021.02.22
152
by tututu
森七菜
 

女優の森七菜(19)が飛ぶ鳥を落とす勢いで躍進している。特に2019年に公開された大ヒットアニメ映画『天気の子』のヒロイン役を務めて以降は一気にブレイク。シンデレラ級の活躍を見せている。その一方で、あまりにもスピードがはやすぎるためかアンチも急増。「嫌われる女」のレッテルを貼られてしまっている。

森七菜の“ごり押し”露出に辟易とする視聴者

2016年、中学3年生の夏休みに地元・大分でスカウトされ芸能活動をスタートさせた森。翌年にはAmazonプライム・ビデオで配信された園子温オリジナルドラマ『東京ヴァンパイアホテル』で、後半から登場するヒロインに抜擢され女優デビュー。

以降も数々のオーディションに参加し、著名な監督たちも絶賛するその演技力で、多くの作品の出演を勝ち取ってきた。『天気の子』の声優オーディションでは、2000人以上の中からヒロイン・天野陽菜役を勝ち取っている。

【関連】浜辺美波、メンタル崩壊の危機? 中村倫也や横浜流星との親密さアピール“匂わせ女王”化のウラに監視生活と『ウチカレ』不振の猛ストレスか

その後は、ヒットドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です-』の生徒役や、若手女優の登竜門、日本テレビの『全国高等学校サッカー選手権大会』の公式応援マネージャーに選出。

2020年はNHK朝の連続テレビ小説『エール』でヒロインの妹役、続いて10月クールでは『この恋あたためますか』(TBS系)で連ドラ初主演と、スター街道を一気に駆け上がってきた。

しかし、“あまりにも”な活躍にネットでは「事務所のごり押しが凄い」「ちょっと露骨すぎて引くレベル」「森七菜を見ると『またか』って感じがする」と辟易する声が聞こえてくる。

ちょうどこの頃、事務所移籍騒動が重なったこともあり、森は批判される対象になってしまった。

実際には、もともと森が所属していた事務所は所属タレントわずか3人ほどの小さな会社で、ごり押しで役を得てきたわけではない。

あらたに業務提携を結ぶことになったソニー・ミュージックアーティスツは確かに大手事務所ではあるが、今年1月に契約したばかりでその影響はまだ大きくないだろう。

それゆえ、事務所の猛プッシュではなく、あくまでも森が勝ち取った仕事ばかりなのだが、急激な露出増加が森を“ごり押し女優”にしてしまったのだ。

【関連】松本まりか「美乳露出」のなぜ?大胆濡れ場・手ブラTバックの裏に遅咲き女優の恐れと覚悟、『情熱大陸』で激白した本音とは

森七菜のあざとい「舌ペロ」に女子総スカン

現在、19歳の森七菜だが、売り出しの路線としては“清楚系”。同世代には「めるる」ことモデルの生見愛瑠(18)、欅坂46の元メンバー平手友梨奈(19)など個性的な面々がいるが、透明感やピュアという視点で見るとダントツで森がナンバーワン。

ギャル系などではない、純粋な10代像を求めがちな視聴者からすると、森はぴったり合致している。だが、森の“清楚”押しが行き過ぎてしまっているのか、特に女性層からは反感を買っているようだ。

そのひとつが、“舌ペロ”。

どうやら森はこの舌ペロがくせになっているようで、さまざまな場面で舌をペロっと出す。バラエティ番組に出演した際には、「お笑い芸人が繰り出すギャグ攻撃に耐える」という企画の中で、舌ペロしながらその芸人を見つめていた。

他にも自身のインスタグラム(事務所移籍によりアカウント削除)の中では、たびたび舌ペロをした画像を公開。それが“あざとい”と非難された。

また、口元にわざと食べ物をつけたままの写真もよく投稿していて、こちらも同様にあざとさの押し売りだと言われていた。

清楚系かつ、元気女子路線で突き進む森七菜。

2020年1月には歌手としてメジャーデビューを果たすものの、「歌が下手すぎる」「これでデビューしてはいけない」「女優一本の方が良いのでは」など、あまり評判は芳しくない。

【関連】井上公造氏が明かす、前田敦子と勝地涼の離婚騒動でタブーだった事

かつての広末涼子(40)と同じような売り方にも思えるが、そのあざとさは狙いなのか?あまりに度が過ぎてしまうと、女性たちからの嫌われ度はさらに増えてしまいそうだ。

print
いま読まれてます

  • 森七菜が「オンナに嫌われる女優」の代表に!? 舌ペロぶりっ子に女子イライラ、主演映画公開も“裏の顔バレ”で陰口の集中砲火を浴びる苦しい時間帯に
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け