国民の命など二の次。ミャンマーの混乱を利用する卑劣な国の名前

 

シリア情勢よりも状況が悪化する懸念も

そのような中、ミャンマーにおける情勢の著しい悪化が、私にはシリア内戦の始まりの時期の状況とイメージが重なってきています。

残念ながら、シリア内戦時よりも今回のほうが情勢悪化のスピードが速く、短期間により多くの死者が出ていますが、もし、シリア内戦初期がそうであったように、このまま周辺国と地域における大国たちが、それぞれのメンツにばかり気を取られて、ミャンマー国民をないがしろにするような状況になれば、おそらく、シリア情勢よりも状況は悪化し、内戦状態がより長く続いてしまうことになってしまいかねないと、非常に懸念しています。

国際政治が影響力を失っている今、果たしてミャンマーで継続し、そして悪化していく悲劇を止めることができるのは誰なのか?

そのためには、ミン・フライン総司令官と国軍が目を覚まし、まず蛮行を即時停止し、話し合いの場を設けるというセッティングが必要だと考えますが、その重責を負う仲介者が名乗り出てくるのは、まだまだずいぶん先のような気がしてなりません。

私の国連紛争調停官時代のアシスタントはビルマ人でしたし、国連で働き始めた際にいろいろとお世話してくださった方もビルマ人でした。その後も多くの調停の場でお手伝いしてくれた専門家にも、ビルマ人が多く含まれていました。彼ら・彼女たちの“国”が今後どうなるのか。個人的にも非常に気になっており、同時に、何もできない状況に、非常にもどかしく悔しく思っています。

国際情勢の裏側、即使えるプロの交渉術、Q&Aなど記事で紹介した以外の内容もたっぷりの島田久仁彦さんメルマガの無料お試し読みはコチラ

 

image by: Maung Nyan / Shutterstock.com

島田久仁彦(国際交渉人)この著者の記事一覧

世界各地の紛争地で調停官として数々の紛争を収め、いつしか「最後の調停官」と呼ばれるようになった島田久仁彦が、相手の心をつかみ、納得へと導く交渉・コミュニケーション術を伝授。今日からすぐに使える技の解説をはじめ、現在起こっている国際情勢・時事問題の”本当の話”(裏側)についても、ぎりぎりのところまで語ります。もちろん、読者の方々が抱くコミュニケーション上の悩みや問題などについてのご質問にもお答えします。

有料メルマガ好評配信中

  初月無料で読んでみる  

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 最後の調停官 島田久仁彦の『無敵の交渉・コミュニケーション術』 』

【著者】 島田久仁彦(国際交渉人) 【月額】 ¥880/月(税込) 初月無料! 【発行周期】 毎週 金曜日(年末年始を除く) 発行予定

print
いま読まれてます

  • 国民の命など二の次。ミャンマーの混乱を利用する卑劣な国の名前
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け